2011年05月22日

SHARP AQUOS PHONE SH-12C を購入 (雑感)

NEC N-01Aを使ってはや2年と4ケ月。バッテリーの持ちも悪くなってきたので、そろそろ買い換えようかと思って居ました。最初は、Xperia arcにしようかなと思ったのですが、なかなか在庫がなく、次のXperia acroにしようと思っていました。

が、たまたま携帯コーナーでSHARP SH-12C が置いてあり、触れることが出来ました。スペックは最新だし、これでいいやって感じで衝動買い(笑 ネットの世界では前回のLYNXでアップデートがなかったことから、SHARPは不人気だそうで・・・。

5月19日にとりあえず予約して、5月20日の発売日に入手しました。
予約特典として、液晶画面保護シートとケースをもらいました。ケースは使い勝手悪そうなやつだったけど、保護シートは買おうと思っていたので丁度良かったです。

外観

AQUOS PHONE SH-12C

AQUOS PHONE SH-12C。SHARPは嫌いじゃない。家のTVもAQUOSだし、スマートフォン初心者の私としては、触ってみて充分といった感じ。少し前に店頭で難題か触った時は、なんか使いにくそうな感じも受けた機種もあったけど、最近のは特段問題ないというか、どの機種も似た寄ったりといった感じ。MEDIASという超薄いやつも気になったのですが、薄すぎて強度的に怖いのでやめました。

カラーは白と黒の2種類。毎回黒っぽいのを選ぶので今回は白をチョイス。白というよりシルバーやパールホワイトっぽい感じ。黒の方が指紋がやや目立ち安いいうのも理由のひとつ。

3Dカメラ

売りの3Dツインカメラ 
AQUOS PHONE SH-12Cの最大の売りは、この3Dツインカメラ搭載。LYNXは3D写真を撮影する場合に、シャッターを1回切ってから、カメラをずらしてもう1回シャッターを切る必要があったみたい(使ったことがないので詳細不明)。しかし、SH-12Cではツインカメラによって3D写真や動画を2Dの写真や動画と同じように撮影することが可能です。

3Dと2Dの切替えはクリックで簡単に切替え可能。はっきりいって、3D画面は目に悪そうなので普段は2D表示にしています。

800万画素カメラを搭載。カメラの機能としては、人物が正面を向いた時にシャッターを切る機能や、笑顔になった時にシャッターを切る機能があります。また、タッチした箇所にピントをあわせる機能や、追尾フォーカスなんてのも搭載しています。最近のデジカメと同等の機能です。いやはや凄いですねぇ。人の顔を認識するのは当たり前(同時に5人まで)ですが、ペットの顔も認識するようです(笑 うちの猫を撮ってみたら、猫の顔にフォーカスマークが表示されていましたよ。

REGZA PHONEとAQUOS PHONEは重い部類。138gあります。でも、1日使っていると慣れるレベルの重さですね。重さよりも、画面の大きさの方が大事かなって感じです。2日使ってみて思ったのは、携帯を持ち歩くのではなくて、小さいパソコンを持ち歩いてるってイメージです。そう思うと重くない(笑

3Dコンテンツ入り

最初からインストールされているコンテンツ 「3D SAKANA+」です。海の中を魚たちが泳いでいます。ゲームでAQUAZONEってのが昔ありましたが、それのスクリーンセーバー版みたいな感じ(餌とかはあげられません。ただ見るだけ。魚の数とかは少しだけ変更可能)。最初からインストールされているだけに、奥行き感が凄いです。目が慣れてくると凄く立体的に見えてきます。たまに見るなら悪くない。

3D動画などは、3D対応TVにリンクさせてTVで観ることも可能です。その場合、TV側では3Dメガネが必要になります。

メニュー類も3Dと2Dのどちらでも表示可能です。慣れない人(私の場合は嫁さん)に見せたら、「うぁ・・目がぁ・・・・」って感じになります(笑

3Dは、他の携帯と差別化するための最大のウリですが、最も使わない機能でしょう(笑 いいんです。それでw 使って「うぉー奥行きがぁ・・・でも、酔いそう・・・」って話しのタネにはなるでしょ?

ワンセグ

ワンセグアンテナ
SH-12Cのワンセグは、最初から録画予約が可能。REGZA PHONEとかもアップデートで対応していますね。ワンセグを録画するかは微妙ですが、イザって時に活躍しそうな予感です。ちなみに、アンテナは、上記の角度までしか立ちません。90度までです。ワンセグは横にして観るのが前提って感じなのでしょうか? 縦で視聴する際は、アンテナが横に延びる感じになります。

ワンセグの感度は良好です。N-01Aでは見れない場所でも、電波を受信出来ました。

充電・USBケーブル

変換アダプタ
SH-12CはミニUSBコネクタで充電です。FOMA用の変換アダプターが付属しています(写真の真っ黒の部分だけ)。最近の携帯は充電器類が別売りですよね。昔は、携帯を買い換える度に充電器が増えていきました。結構ゴミになるんですよねぇ。 あと取説が非常にシンプル。基本は、Andoroidアプリケーションの取扱説明書を見てねって感じです。ですので、付属している冊子の説明書は非常にシンプル。これはいいことです。ゴミが減ります。その代りにspモードの厚い説明書をもらいました。
また、USBケーブルも付属しており、PCとAQUOS PHONEを繋いだり、パソコンのUSB端子から充電も可能です。充電器経由より少しだけ充電に時間がかかるようです。

手書き入力

手書き入力
文字入力は、iWnn IME SH editon が標準になっています。

文字を入力するための方法として、

  1. 携帯と同じ入力方法
  2. フリック入力
  3. フルキーボード
  4. 手書き入力

があります。手書き入力は、結構認識率が高く普段文字を書くときのスピードで書いても認識されます(書き順は正しく書いた方が認識率があがります)。キーボードが使えない世代の人には手書き入力がいいと思いますね。

この手書き機能は、写真を撮った時のデコレーション時にも手書きで写真に絵を描いたりすることが出来ます。

なお、Google検索ではAUのCMとかでよくありますが、音声入力で目的地を検索したり、webを検索したりすることが可能です。この音声入力もなかなかの認識精度です。

機能の切替え

簡単操作
画面一番上のタスクバーみたいなところをタッチ すると、いろいろな機能をワンタッチでON/OFFする画面が出て来ます。これが一番便利。

Bluetooth(写真のはスペル間違ってるし・・w)やGPS等は普段使わないのでOFFに(電源節約)。下の段にはマナーモードや液晶を自動回転するか否かのON/OFF等があります。ベールビューのON/OFFってのがあり、これは画面を横の人から見づらくするプライバシー保護機能です。電車やバスなどで横の人に見られたくないって人にはいいのかも。

ベールビュー

ベールビュー
ベールビュー をONにすると、このように見えます。なんか模様だけに見えます。この見え方(濃度?)の調整や、柄なども設定で変更可能です。ベールビューを使うと、正面から見ても3D画面を見ているかのように若干にじむので自分も見易くて、横から見づらい感じを設定で導き出すのに苦労しそうです。横の視線が気になる方向けの機能です。

感想(雑感)

まだ数時間程度しか使っていませんし、初スマートフォンなので他のスマートフォンを使ったことがないので比較対象がありませんが、使っていてストレスを感じることもなく、サクサク動作するので気持ちいいです。一応、OSも最新の2.3.3ですし、アップデートがなかったとしても現状で特に問題ないような気がします。バグとかがあったら直してもらいたいけどなぁ・・・。

店頭で持った時は重いかな・・・って思っていましたが、実際に使ってみるとあまり重さは気にならないです。大きさも大きすぎず小さすぎず丁度いい感じ。おそらく夏のスマートフォンはXperia acroにユーザーが集中するのでしょうが、SHARP AQUOS PHONEも選択肢としては悪くないと思いますよ。ちなみに、デフォルトで用意されているゲームは、「太鼓の達人」と「塊魂」です。Andoroidマーケットに行けば、SH対応の3Dゲームもあるようですが、まだインストールしていません。ゲーム目的に買ったわけじゃないのでゲームはオマケ程度で充分です。でも、PSPやDSぐらいのクオリティはあります。ゲームの種類は少ないですが・・。

付属のmicroSDが今時2Gってのが・・・・唯一の残念なところ(笑

ヤマダ電機のケータイdeポイントの会員番号とパスワードを忘れてしまって、前の携帯で貯めていたポイント(900ポイントぐらいだけど)をどうやって復元しようか悩み中。ヤマダ電機に相談した方が速いんかな・・・。ヤマダの900ポイントでハードケース買おうと思ってヤマダ電機に行ったら、そういえば前の携帯がないとポイントが参照できなことが発覚(笑 スマートフォンを購入して一番困った事でした(笑

夏スマフォでフライング発売されたAQUOS PHONE SH-12Cは、果たしてマイナーになるのでしょうか? 3Dってのが色物感アリアリですが、2Dだけでも充分な機能を持っています。さらに3Dもついてくるなんて・・素敵じゃないですか?

 

あとはケース買うだけ。ベースの白を活かしてクリアタイプを買おうと思います。ケース類も、SH-12C用はたくさん製品化されています。Xperia用やiphone用の数には遠く及びませんが・・。

posted by bow (DogRun) at 02:35| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月29日

BUFFALO レコーダー機能搭載 TV用地デジチューナー 500G DTV-H500R を購入

普段はあまりTVを観ませんし、録画してまで観たいって思うTVもないというか、観れなかったら観れなかったでいいか・・・ぐらいの感じだったのですが、なんとなく録画出来たら録画できたで使うかも・・・って曖昧な動機で購入。欲もそれほどないので、地デジを録画できればいい。という最低限の機能があればOK。そんな用途にうってつけなのが、バッファローのレコーダーです。

 
この商品の目的は地デジチューナー。地デジ非対応のTVに接続することで地デジが観られるようになるという商品。しかも、録画も出来る。でも、地デジ対応のTVに接続してももちろんOK。地デジの録画が出来ます。HDDの容量で3種類あります。私は一番小さい500GBのを買いました。

目安として、地デジ番組の録画の場合、500G で 60時間 録画できるようです。


パッケージ
Sofmap系列やドンキホーテ だと 17000円代でした。Amazonの商品券も持っていたのでAmazonで購入。ちょうど購入する時にJoshinが最安だったのでJoshinで購入しました。

 

付属品
内容物一式(その他、説明書など)。説明書読むほど難しことは何もありません。TVとデッキ、TVとゲーム機器が接続できる方なら、配線するだけです。
TVアンテナケーブルと、HDMIケーブルは別売りです。

チューナー本体が、TVアンテナ分岐も兼ねているのでTVアンテナ線をTVとチューナーへと分岐させる必要はありません。TVアンテナを先にこのチューナーに接続し、チューナーの出力をTVに繋げばOKです。チューナー本体は電源を切っていても、TVは問題なく観れます。
いちおうアナログのオーディオケーブル(赤・白・黄色)は付属していますが、せっかくの地デジですので迷わずHDMIケーブルを買ってきて接続しました。

録画して、観る。最低限の機能ですが、十分です。うちのTVはAQUOSのやっすいやつですが、リモコンのファミリンクにはもちろん対応していませんのでHDDレコーダーの操作はHDDレコーダーに付属のリモコンで操作する必要があります。TVも設定さえしてしまえば、HDDレコーダーに付属のリモコンでTVとHDDレコーダーの両方を操作することができます。リモコンが増えると面倒って方にも安心設計。

 

小さい本体
世界最小!! なんて書いてるだけあってチューナー本体は小さい。TVの下にチョコンと置いておけます。

とりあえず番組を予約録画してみましたが、普通に使えます。今までVHSのビデオデッキ世代だったもので便利だな〜って感じです。たま〜〜に録画するくらいなので、これで十分です。

レコーダーによくあるCMカット機能とか、追いかけ再生とか、W録画、ムーブ(他の媒体で鑑賞する)とかそういう機能は一切ありません。そういう機能が必要な方は、もう少し投資した方がいいですね。私のように、ちょっとした録画には最適だと思います。

HDD容量が不足した際はUSB接続で外付けHDDを接続することが可能です。チューナーの中のHDDも単なる2.5インチ HDDなので、チューナーを分解して交換し、チューナーのメニューから初期化してしまえば使えるようです(分解は自己責任で)。でも、うちの場合500Gも使わないだろうなぁ・・。

次TVを買う時は、TV自体にUSB HDDが接続できるタイプを買おうと思います。たぶん、それが一番スマートだわ。

  AQUOS が 2011年6月に WiFi AQUOSとして無線接続の液晶TVを発売するようです。チューナーだけ固定で、あとは無線。TVのわずらわしい配線がいらないのです。画期的ですねぇ。電源も、バッテリーを搭載しているので2時間まではコンセントを接続しなくても観れるそうです。配線がないTVはスッキリしていて気持ちいいでしょうね!! 前回のディスプレイアームの所でも書いたのですが、今の家電やPCは配線が多すぎて困ります。いろいろ無線化されているけど、電源をどうやって取るのかが今後の課題でしょうね。最近の携帯やスマートフォンのように非接触型充電の機能等を使って壁掛け部分から電源取るとか、そういう仕組みにしないと電源ケーブルだけは必須のままってことになりそうです。

posted by bow (DogRun) at 00:45| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

エルゴトロン LX デスクマウントアーム を購入

東北地方太平洋沖地震で被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます。
1日も早く平常に戻れることをお祈り申し上げます。
液晶アーム 凄腕シリーズ UNI-LCD-ARM03 購入してみた

でも、紹介した凄腕シリーズですが、先日破損しました。アームの付け根部分がパッキリと割れて液晶が落ちてきました・・。焦ったぜ・・。

 

パッキリと・・
ホコリがかぶってて汚くてスミマセン。根元からパッキリ割れてしまっています。液晶が滑るように落ちてきました。私が使っている液晶は BenQ G2400W で、重量は6.15kgと24型の割にはそれほど重くない部類。 でも、凄腕だと保持できなくて可動箇所を増し締めしてなんとか固定して使っていました。その影響からか、パッキリと割れてしまっています。値段が安かったので、まぁこんなもんでしょう。2年もったんだからOKとしましょう。

 

で、標準についていたディスプレイマウントに戻そうかとも思いましたが、ディスプレイを跳ね上げる憧れが忘れられず、アームを物色。色々と見た結果、エルゴトロンのアームに惚れ込んで購入。

 
私が買ったのは、一番左のLXデスクマウントです。

価格が14000円弱。凄腕の約3倍の値段。でも、Aamzonの評価も良かったし、可動範囲も私の必要範囲は充分にカバーされているので購入を決意。
アマゾンで購入。

到着
なかなか大きな箱で届きました。右上の猫さんは大きさ比較用?って猫の大きさがわからんから意味ないか・・・・w この箱の中に、エルゴトロンの箱が入っていました。

 

説明書 
説明書です。机の天板に挟んで固定する人なら特に目を通すまでもない感じです。組立て時間は10分もかかりません。順番に載せていくだけなので・・。

ワンポイント: 調整は組立てた後に行おう

Amazonのレビューに書いてあったのですが、ディスプレイを接続する前のマウントはとても固いです。こんなに固くて動くのか?と思うぐらい固いですが、それでOKです。全て組立て終った後に高さや角度を調整してください。全部組み込むと、アーム単体の固さが嘘だったかのようにスーーーっと動きます。丁度いい重さです。最初に調整してしまうと、ディスプレイを載せるとスカスカ、または垂れてきたりするかもしれないので注意が必要です。

 

マウント
箱を開封してみました。重箱のようになっています。1段目は、マウントアーム1個と、工具やネジ類、そしてタイラップまで入っています。必要なものは全て入っています。必要ならドライバーのプラスを1本用意しておけばOKでしょう。

 工具類
工具・ネジ類です。ディスプレイをVESAマウントする際のネジはプラスネジと、写真右中央に写っている手で締め込むネジの2種類があります。私は手でネジ込むタイプを使いました(工具いらず)。

 2段目
2段目は、ベースと、VESAアームです。どれも銀キラで美しいです。見た目ほど重くもないです。梱包時にビニールに包んで発砲スチロールに入れてくれているのは◎です。ダイレクトに発砲スチロールに入れると発泡スチロールが付着していたりして大変な時があるんですよね・・。

 

パーツ
パーツはこの3つが主要パーツです。これを順番に取り付けていくだけです。机の厚みにも対応できますし、天板に穴を開けて固定したい人のためのパーツも入っています。

この時点では、本当にこれでスムーズに動くんかいな・・・って感じです。

 

 組立て完了
組立てが完了しました。まだフタみたいな細かいパーツは取付けていませんが、これで完成です。 各部の調整は一切していません。デフォルトの状態です。頻繁に動かす人以外、このデフォルトで充分だと思いますね。

 

跳ね上げてみました
ディスプレイを跳ね上げるという動作が可能に!! もちろん横に振ったり、回転させることも出来ます。

ただ・・・。回転させたり、跳ね上げたりするには、ディスプレイケーブルや、電源ケーブルの長さに余裕がないと出来ません。PC本体を天板の上に置いている方は、ケーブル長に余裕があると思いますが、私のように机の下に置いている人はきついです。その辺は、今後HDMI化が進んだり、無線で映像信号を飛ばす技術が進化したり、VESAマウントそのものにディスプレイ信号を伝達する仕組みを設けたりといった風になってくれると、もっと自由度が増すと思います。

 裏側
裏側はこんな感じ。アーム自体にケーブルを通すスペースが設けられているのですが、ケーブル長が限界のため、使っていません。

 

 自由自在
上下・左右・回転・前後 自由自在です。あ〜気持ちええ〜。ディスプレイの下を掃除するときは、跳ね上げるだけでOK。便利です。あと1個ずつディスプレイとこのマウントを買って、色々配置すると楽しそうだなぁ。
オプションで延長アームと、ノートブックトレイがあります。普段使わないノートをマウントして、使う時だけスススーーっと引きだして使うという・・。これはいい。事務作業がメインの人にはいいアイテムですね。

 

いつも安かろう悪かろうを地でいくDogRun Gamesですが、たまにはちょっと奮発していいものを。すると、お金に見合った感動がそこにはあるというのを再認識してしまうのでした。

このマウントは買いですよ!! コストパフォーマンスがとてもいい。そして、見た目が美しいというのもGOODです。普段はディスプレイで見えないのでどうでもいいっちゃ〜いいんですけどね・・・。でも、満足度は高いです。

うちのブログって凄腕を検索されて訪れる方が多いのですが、もし3倍の予算が出せるのであれば、迷わずエルゴトロンのアームをオススメします。24インチ以上だと、凄腕には荷が重いです。私も、基本ディスプレイは固定派なので意味がないのですが、イザという時に動かせるというのと、何といっても自分が欲しい位置にピタリとあわせられるというのは精神上とても喜ばしいことです。3倍以上の価値はあると思います。

これからマウントを検討している方にオススメですよ!!

posted by bow (DogRun) at 16:38| 兵庫 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

PUMA パラメヒコ ライト TT (トレシュー)を購入

お久しぶりです。

最近は、物欲が減少していましたが、フットサル関連で色々購入しました。
スパッツとか、ゲームシャツとか、そんな中でも一番悩んだのがシューズです。やっぱり、フットサルもサッカーも足を使うスポーツなわけですが、シューズはとても重要なアイテムです。シューズが悪いと、ゲームしてても全然楽しくない。自分の足にあったシューズが見つかった時は嬉しいですね。

今回は、PUMA パラメヒコ ライト TTを購入してみました。
ちなみにトレシューです(スパイクがついてないトレーニングシューズ)。人工芝のグランドでプレーすることがほとんどなので、トレシューでOKです。ゴム底のフットサルシューズだと人工芝だとドリブルする時に足が滑ることがあります。この辺は、好みですね。

パラメヒコライト TT

ソールが赤ってのが最初はちょっと抵抗があったけど、実際に履いてみたら結構良い感じだった。フットサルだとPUMAってあまりメジャーじゃない感じですが、サッカーをずっとやっていた私にとってはPUMAはとても大好きなブランドです。昔は、KAZUモデルなんてスパイクも所有していたこともありました。とってもいいスパイクだったなぁ。

今回、スパイク選びをする歳に条件

  • 本革(できればカンガルー革)が使われていること
  • 1万円以内であること
  • トレシュー(ミニスパイク仕様)であること
  • 白であること

一番重要視したのは、カンガルー革です。最近は、人工革もよくなってきてはいるのですが、やはり固いです。本革のスパイクを履いてしまうと、人工革には戻れません。6年前くらいからフットサルに転向したのですが、最初は遊び半分でやってたので4000円(税込)くらいのワゴンに入っていたスパイクばかり使っていました。しかし、昔サッカーにのめり込んで本革のスパイクを履いていた時代を思い出し、トレシューも・・・ってことでまじめに探してみました。

で、色々見てるとPUMAのパラメヒコライトに決定。

 

靴底

靴底はゴム底。複雑な形でポイントがふられています。接地感はとてもいいです。足底のクッション性もあり履いてて気持ち良い感じ。

 

PUMAといえば
PUMAといえば・・・ベロがでかい。トレシューのパラメヒコもベロが大きめです。これぞPUMA!! 伝統的なレガシーなスタイルをもったシューズになっています。いいねぇ。なんか、昔を思い出して胸踊っちゃう。

 カンガルー革です。
カンガルー革仕様の割には、安いなぁって思った方は鋭い。つま先部分にしかカンガルー革は使われていない模様。ここだけでもかなり履き心地が違うので、これはこれでOKなんでしょう。
あと、カンガルー革は柔らなくて足にすぐに馴染む一方。弱いので、すぐに穴があいたりするので耐久性という面ではあまりオススメしません。でも、学生の頃みたいにハードな練習もしないので、充分持つとは思いますが・・。

 

買ってから、練習試合に2回使用しました。初回は、昔に履いていたスパイクと交互に履いて感覚をチェックしました。

最近のナイキの表面テカテカ カチカチのスパイクにありがちな、履き心地の硬さは皆無でした。とても履き心地がいい。若干、足底が厚い感じがしますので、その辺は慣れが必要かも。人工芝でのグリップも問題なし。靴底が厚いというかクッション性があるため疲れにくい感じです。 真っ赤かもカンガルー革仕様だと、それほどテカリがなくて落ち着いた色合いなので格好いいですよ。ちなみに、ブルーとゴールドはお店によっては40%OFF以上になっていることが多いので、色にこだわらない人はそっちがお得。

 

ちょいちょい〜〜メモ

ちょいちょい〜〜。何じゃこれ〜。U.C.HARD GRAPHシリーズに 1/35 でコワファイターが出るらしい!! 価格もすげー高い。メガサイズ ザクより、コアファイターの方が気になるな・・。コアブロックへの変形もします。パイロット用の目のデカールも入ってるらしい。1/35になるとパイロットのサイズも大きくなるので、目を塗装でというと大変なので、嬉しいアイデアですね。

コアファイターの事について語っている動画があったので見てみたら、ヘーーってことを後半色々話してました。

動画はこちら

動画を見た感じでは、想像してたのよりもサイズが小さいなってのと、価格に見合ったパーツ数ではなさそうって感じがします・・。どうするかな・・。またミドリとかヤマダで見つけてしまったら買っちゃうのかな・・。

ガンダム U.C HARD GRAPH の公式サイトは、プラモ好き・ガンダム好きなら見入っちゃう内容です。一読アレ!!

posted by bow (DogRun) at 01:21| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 適当なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

IDEA Nostal Stove ノスタルストーブ を購入

明けまして、おめでとうございます。
今年もメモ書きを適当に残して行きたいと思います。

 

ノスタルストーブって簡単に言うと、カーボン電気ストーブです。何故、わざわざ買ったかというと、見た目が可愛いらしいから。スポット暖房として、セラミックファンヒーターを今まで愛用していたのですが、1000Wタイプなので電気代がもったいない。なので、もっとエコなのにしようってことで電気ストーブを物色していたのです。で、たまたま見つけたのがノスタル・ストーブでした。見た目で購入。

カラーは、ピンクもあります。重量は1.5kg。300W〜600Wまで無段階調整です。あとは30分、1時間、2時間,3時間、連続 のタイマーがついています。転倒時と加熱しすぎた際には自動で電源がOFFになります。ストーブ底にはケーブルを巻き付けて収納しておくスペースがあります。

d101228_064 

前から見るとこんな感じ。高さが40cmないぐらいで、筒の部分の直径が13cmぐらいと、とてもコンパクト。「付けてすぐ暖かい」がコンセプトなのですが、その言葉どおり付けてすぐに暖かいです。名前のとおり、ノスタルジックな感じのストーブです。上にヤカンを置いて湯を沸かしたくなりますが、正面以外は暑くならないので湯は沸かせません(笑

 

d101228_074

なんか、裏面もレトロチック。この持ち手がまた懐かしい形状。これがいいのだ。

 

d101228_08_thumb1

左がタイマー用で、右が温度調節用。スイッチON時と、スイッチOFF時に音が鳴ります。その音が結構大きめでビックリした。あと、このカーボンヒーターの特徴として、内部にファンが内蔵されており、ファンの風力によって温風を送りだす機能があります。ファンのON/OFFは不可です。常にファンが回ります。また、このファンがデスクトップパソコンなんかよりウルサイのが難点です・・。

 

d101228_09_thumb1

結構大型のファンが内蔵されています。これだけフィンが切ってあると、風切り音が結構します。ブォーーって感じ。音は大きいです。日中仕事場等で使う場合には、特に問題ないでしょうが、静かな場所で使用しようと思っている場合には実際に音を聞いてから検討したほうがいいかと思います。私は店頭で買いました。店頭では音は気にならなかったのですが、家で使うと結構音がするなぁって思いました。

見た目で買ったのでまぁいっかって感じです。
このファンのあり・なしでどれほど効果が違うのかは不明です。ファンのON/OFFが可能であれば、満点だったんですけどね。ちょっとうるさいので4点(満点5点)って感じで。あと、価格も少し高めですね。

動かしているのを実際に動画にとってみましたよ。動画だとマイクの性能のせいか、若干静かに聞こえます。

posted by bow (DogRun) at 05:10| 兵庫 | Comment(2) | TrackBack(1) | 適当なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

RG 1/144 MS-06S シャア ザク を購入

久々の購入ネタ。
いつも通りテキトーに紹介しよう!! レビューって書くと、ツッコミ入るのでテキトーに紹介です。発売日に買おうと思ったら、売り切れてたので今頃購入。

RG 1/144 MS-05S シャア・アズナブル専用 ザクII

以前、RGのRX-78 ガンダムも紹介しましたが、そのRGの第二弾です。ザクもやっぱり買っておこうかなと購入してみました。年末にでも作ろうかな。

箱絵

まずはお約束のパッケージ。模型本体より、箱絵のが数倍格好ええなぁ。

 

全パーツ

全パーツです。1/144だというのに、何というパーツ数の多さ・・。MG並。
ガンダムの時もそうでしたが、素組みでも結構時間がかかりますよ。でも、作ってて楽しいです。パーツ数が多いから、完全に塗装しようとすると、えらく時間がかかると思います。

 

色分け

ガンダムは白色のパーツが微妙に3色ぐらいに成形されていましたが、ザクの場合はピンクの部分が3色ぐらいに成形されています。微妙に色が違うんですよね。濃い赤の部分はMGとかでもそうですが、もっと落ち着いた色で成形してもらいたかったなぁって思います。

 

インナーフレーム

RGの肝です。インナーフレームです。ここから、パチンパチンと外すだけで既に可動するという恐ろしいパーツです。装甲をはめる前に動かそうとすると折ってしまうので、必ず説明書の指示に従って組み込みましょう。これらのパーツのおかげで可動範囲が大きくなっています。アニメのシーンも再現可能!!

 

動力パイプ

皆さんが一番ザク系を作る時に嫌気がさすパーツ・・・動力パイプです。昔は、全部一体型の物だったので楽だったのですが、最近のは1個ずつパーツがバラになっています・・・。ここに、左のパイプの元を突っ込んでからパチパチと切り離していくようです。素組みの人は、それでいいんでしょうけど、塗装する方は全て切り取って塗装してから組立てとなるでしょうから大変ですよね。でも、この動力パイプが一体型と別パーツではリアル感がダンチで違うので、頑張らなければいけないパーツです。

動力パイプの数みたら、ちょっと組立てる気が失せてきた気がしないでもないですが、暇だったら着手してみようと思います。
RG ザク 買った時に、例の物も見てしまいました・・・。見ちゃいけなかった・・。それは、何かというと・・・。 メガサイズ ザク・・・・。ガンダムみたいに超デケー。うーー。メガサイズはまた今度にしよう・・。場所とるし・・。

メガサイズは1/48でっせー。でかいでっせー。欲しいわ・・・。
また買ったらブログで紹介します。

posted by bow (DogRun) at 00:57| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

Google IME (日本語入力ソフト) を使ってみた。その実力はいかに!?

Googleは色んな便利なwebソリューションを提供してくれていますが、IMEにも着手してくれました。最近、βがとれて正式版になったので入れてみました。WindowsとMac OSの両方に対応しているのもGOODですね。

Google 日本語入力

最近、SteamでもWindowsとMacのゲームを同時に発売したりと、Macもソフトウェアが同時に発表されるようになってきましたね。いいことです。

インストール

さっそく上記GoogleのサイトからIMEをインストールしてみました。
インストールはすぐに終わります。インストール時にIMEから辞書を引き継ぎますか?ってのが出て、引き継ぎも可能でした。私は未だにWindows XP SP3を愛用しています。Windws Vistaや7にインストールすると設定画面にUAC関連の設定も出てくるようです。
※: ATOKやことえりの辞書もインポート可能です。

機能一覧

アイコン 

インストール後のタスクバーのアイコン。普段はATOK2008を使っているのですが、アイコンの数がシンプルです。

入力方法

入力方法は、ごく一般的なIMEと同じです。

 オプション

オプションもシンプル。プロパティと辞書登録のみ。

Google 日本語入力

サブPCにインストールしたので、元はIME2002でした。

辞書ツール

辞書ツールです。 インポート・エキスポートも可能です。登録も一般的なIMEと同じです。

プロパティ

プロパティを表示してみました。この辺も一般的なIMEと同等かな。キー設定には、MS-IMEやATOK、ことえり に対応。この3つを使われている方もすんなりと移行が可能でしょう。

辞書の設定

辞書の設定です。Google 日本語入力では、日付変換、記号、数字変換、顔文字、計算機機能(電卓)が使えます。あとは、検索エンジンで培った辞書の元となる語句の豊富さで勝負といった感じでしょうか?非常にシンプル。

入力補助

まぁ、このへんもよくある設定です。

サジェスト(候補)

サジェスト(候補)の設定です。よくある入過去に力した文字を、候補として表示するかどうかの設定です。表示は出来ますが、削除はここの設定で 未使用を削除するか、全入力を削除するかの2択しかありません。ATOKだとSHIFT+削除だったかで単語単位に削除できます。まぁ、未使用を削除で問題ないかなって気もしないでもないです。

プライバシー

これ、変わってますね。ブラウザにもある履歴を残さないようにするプライバシーモードです。サジェスト機能があることで、入力した候補が表示されちゃうので、まずい文章?を書く時はシークレットモードで。

管理用プロパティ

統計データーは、インストール時にも自動送信してもいいですか?って確認されます。ここで変更が可能です。Google曰く、入力した文字の送信はしていないとのこと。OSや打鍵数、障害時の情報のみを送信しているので安心してくださいとのことです。
辞書の展開を速くするためにオンメモリになっています。これは基本です。デフォルトでチェックが入ります。ただ、メモリが512M以上ないとオンメモリに出来ません。

その他

その他は、ご覧の通り。オンメモリ辞書の設定は、さっきの統計情報データの画面と同じウインドウが表示されるだけです。

変換してみた

さっそく変換してみました。普通に変換できます。変換速度も快適。長文も高確率に変換してくれます。Googleの膨大なwebデータから辞書が構成されているので、なかなか変換候補が面白い物が出て来たりします。

MS-IME2002は軽く越えています。Vistaや7のMS-IMEがどれほど賢いのかわかりませんが、XPに搭載のIMEより遙かに賢い。

じゃ、ATOKより賢いのか?
どうせなら、ATOK2011と比較しようじゃないか!! でも、ATOKは2008しか持っていない。こんな時は、ATOKのサイトにいって新機能をチェックするのだ!!

ATOK2011 新機能

 

 

Google IMEだと、田中 佐藤 吉田 伊藤 中の になります。
用例はほぼ同等。
関西弁での入力も試みてみましたが、Google IMEでもちゃんと変換してくれましたよ。
入力ミスを補完する機能は、ATOKのみ。
敬語の間違いの指摘もATOKのみ
サイトを登録して自動で辞書に学習させる機能もATOKのみ。
会社と自宅で辞書を同期させる機能もATOKのみ。

と、ATOKと比較するのも無理な話ではあるのですが、基本的な変換に関しては同等だと思います。ただ、ATOKは入力ミスを自動で補完してくれたり、敬語等の使い方を指摘してくれたり、辞書セットを買うと辞書を膨大に増やせるのが魅力。

ATOKはさすがに有料ということもあって、1歩前を行っているという感じですが、Google IMEも基本機能は高いレベルにあると感じました。また、無料ですし、Googleの事ですから、今後のバージョンアップにも期待できそうです。辞書がwebで収集された語句から形成されているので、マニアックな用語等も収録されているのがGoogle IMEの面白いところではないでしょうか?

MS-IMEのバカさ加減に嫌気がさしているけど、お金を出してまでIMEを買う気もないという方には、オススメです。Google Chromeもそうだけど、シンプルな感じがいいですね。でも、基本機能は高いレベルを確保しています。

1点だけ付けておいて欲しかった機能があります。手書きパッドって言うんですか?文字の一部を手書き入力をして文字を探す機能。これが付いていれば私的には満点でした。読みがわからないとか、字をうる覚えの時に活躍するんですよねぇ。そのうちver upで追加されそうな気もしますが。
辞書は、webから自動抽出された語句が使われるので、旬のワードなんてのは候補にバンバンあがってくるようになるのかな?今後が楽しみですね。今後の展開次第では、Google IMEに移行してもいいかな〜って思います。サブPCはGoogle IMEに設定済。

 

JUST SYSTEMSは、過去もオフィスソフトの争いで、MSオフィスと競争。今度は、IMEでGoogleと競争です。MSオフィスは有料ソフトだったけど、今度は相手が無料ソフトです。日本語入力ソフトをリードしてきたATOK。今後の展開に注目です。

オフィス系ソフトも、最近はOpenOfficeなんてものが流行していますしね。何だか、ソフトは無料化の波が激しい。使う方にとっては有り難いですが、作る方にとっては厳しい時代になってきましたね。有料であるだけの差別化とアピールが重量ですね。

posted by bow (DogRun) at 14:24| 兵庫 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

photoshop elements 9.0.2 & premiere elements 9.0.1 アップデート

最近何だか、photoshop系のアップデートが頻繁だ。7系を使っていた時はアップデートなんてあった記憶がないんだけど・・・。8や9になってクリティカルな問題が増えたってことかな。

 

PSE 9.0.2 for MAC

PSE 9.0.2はMAC専用のアップデートのようです。日本のアップデート情報にしか掲載されていないようです。

2010年12月15日
AdobeR PhotoshopR Elements 9.0.2アップデートは、Adobe Photoshop Elements 9にパッチをインストールし、iPhotoからの読み込みに関する問題を修正します。このアップデートは、Mac OSで実行中のPhotoshop Elements 9にのみ適用されます。

PRE 9.0.1 for Windows

修正は、以下の3点ですが、修正された内容が曖昧すぎ。

  • タイトルに関連したクラッシュの修正(詳細は不明)
  • 特定のグラフィックカード(GPU)のとの互換性のないディスプレイドライバに関する問題を修正 (詳細は不明)
  • その他バグFIX (詳細は不明)

アップデートは自動アップデートで行われますので、上記からファイルをダウンロードする必要はありません。自動アップデートが来てない場合は、[ヘルプ]->[アップデート]で確認すればOKです。

Adobe系は、セット版を買う方がお得です。ただ、Premiere Elementsはお世辞にもいいとは言えません。アップデートも高いですしねぇ。最近だったら、Super Lolio scapeとか、TMEPGenc Video Mastering Works5の方がいいかもしれません。NVIDIAの対応したグラフィックカードがあればGPUでエンコードも出来るので高速ですし。

Super loiloscopeは動画の切った貼ったを直感的に操作できるのがウリですね。適応に切った貼ったして動画をアップする人には楽かも。TMEPGnec はエンコーダーでは有名です。最近は編集ソフトの方も力を注いでいるようで、Video Mastering Works 5で動画編集ソフトとしては優秀かと思います。まだ発売されていないので、4.0 Xpressを買うと無償でアップグレードしてくれるようです。ただ、4.0 Xpressを買った方がお買い得がある程の価格差もないので、5が発売されるまで体験版を使うというのもアリかと思います。TMPEGencのGUIは、Premiereと似たようにタイムライン形式の編集です(一般的)。

Lolioscapeの方がGUIに自由度があり、簡単に感じますが、1秒間隔で編集等という細かい作業をするには、タイムライン方式のほうが編集しやすい(玄人向け)と思われます。私はも、来年はpremiere elements 10?の動向をみて何にするか考えたいと思います。

最近はフリーソフトでも優秀なソフトが多いので、特にphotoshopとかの資産を使うってこともないのであれば、フリーでも充分でしょう。

[photoshopぽいソフト]

などなど。

[Illustrator系]

phoshopはペイントソフトであり、基本は写真や画像のレタッチを主に使うソフトです。Illustratorはその名の通りイラストやデザインを一から書き起こすのに適しています。書いた線全てがベクトルデータとして扱われ、線1本1本を書いた後に調整することが出来ます。Illustratorはさすがにelements系がないのでInkscapeを使っています。オープンソースで開発が進められています。日本語にも対応しています。

[マンガ系]

マンガ書きたい人は、専用ソフトがオススメ。コマ割とか、トーンとかマンガ用に揃っています。キャラクターとか背景とか3D画像で作られており、角度が違う場面も、わざわざかきおなすわけではなく、キャラクターを回転させるだけ。絵を描くというよりも、3Dオブジェクトを並べてマンガを作るソフトという感じです。今後の追加オブジェクトの充実度によっては、絵が描けなかった人が漫画家になる日も近い?

こっちは正当派のマンガ作成ソフト。実作業と同じような工程をパソコンで行うためのソフト。漫画家でも使ってる人いるんじゃなかろうか?素材データ等は3Dで収録された別売り素材集があり、学校の校舎をバックになんて背景も簡単に描くことが可能。

posted by bow (DogRun) at 21:45| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

Camera Raw 6.3 update

  前回、Camera Raw 6.3にupdateされました。

以下のカメラに対応した模様です。Photoshop elements9 からも Camera Raw 6.3にupdateすることで、下記カメラのRAWファイルを現像することが可能になります。

  • D7000/D3100/E-5/GF2/GH2/K-5/K-r/GR LENS A12 28mm F2.5/NX100/α560/α580

初めてphotoshop elementsを買おうと考えている人は、上のwacomのペンタブレットを買うと、付属ソフトにphotoshop elements 8.0が付属しているので、そちらの方がお買い得感があるかもね。

posted by bow (DogRun) at 22:21| 兵庫 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

photoshop elements が 9.0.1 に、Camera Rawが6.2に更新されました

photoshop elements が 9.0.1にupdateされました。更新内容は、下記を修正するもののようです。シングルコアのCPUを使う方限定のようです。この修正だけクリティカルすぎてさすがにupdateって感じなんでしょうかねぇ・・。

「コンテンツに応じる」オプションを選択してスポット修復ブラシツールを使用すると強制終了する(Windows 版 Photoshop Elements 9)


問題点 (Issue)

Windows 版 Photoshop Elements 9 でスポット修復ブラシを使用する際、[コンテンツに応じる] を選択して修復を行うと、アプリケーションが強制終了します。

理由 (Reason)

シングルコアプロセッサーを搭載したコンピューターを使用しています。

解決方法 (Solution)

この問題を解決するには、Photoshop Elements 9.0.1 にアップデートします。

Camera Raw 6.2は、下記の新しいカメラのサポートです。ってCamera Raw 6.2自体は、8月31日にアップデートされたんだけど、PSE9でもようやくアップデートできるようになったのか、ただ私がアップデートが来てたのに気づいてなかっただけなのか?

  • カシオEXILIM EX-FH100(DNG)
  • キヤノンEOS 60D
  • サムスンNX10 ※国内未発表
  • サムスンTL500(EX1)※国内未発表
  • ソニーα55(SLR-A55V)
  • ソニーα33(SLR-A33)
  • ソニーα390(DSR-A390)※国内未発表
  • ソニーα290(DSR-A290)※国内未発表
  • ソニーNEX-5
  • ソニーNEX-3
  • パナソニックLUMIX DMC-FZ100
  • パナソニックLUMIX DMC-FZ40(FZ45)※国内未発表
  • パナソニックLUMIX DMC-LX5
  • ペンタックス645D
  • ライカS2(DNG)
  • 富士フイルムFinePix HS10

Camera Rawはともかく、本体のアップデートはさすがに0.0.1アップなだけに、超マイナーアップデートでした。photoshop elementsをアップデートしたの初めてかも・・。それよりも、HD動画をプレビューする時に、HDサイズでしか表示できないのを何とかしてくれ〜〜。

posted by bow (DogRun) at 19:47| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。