2013年02月23日

ガイアノーツ フィニッシュマスター&マイクロセラブレード ミネシマ TM-5 モールディングセット&TM-3 ヘラセット を購入

明けましておめで・・・(笑
昨年に引き続き、また今年も最初の更新が2月という。毎年、更新が遅くなっていくという有様・・・。最近の、DogRun Gamesでは、下記の記事がよく検索されて参照されているようです。

 

ZALMANのZ9 Plusは、2011年の記事なんですが、常に検索の上位に入っています。さすが人気商品。でも、このケースはコストパフォーマンスがすこぶる良いケースですのでDogRun Gamesでもオススメです。Windows7でスリープでネットワークが切断される件ですが、Intel NICのドライバ入れて暫くは問題なかったのですが、ここ最近また切断されるようになっています・・・。はて、どうしたものやら。今のところ、困る!!という現象でもないためほったらかし状態です。

 

ではでは、本題へ。
何か買わないと更新しないというかネタがない・・・。久々に、買い物をしたのでブログ更新です。
買ったものは、

  • ガイアノーツ フィニッシュマスター
  • ガイアノーツ マイクロセラブレード
  • ミネシマ TM-5 モールディングセット
  • ミネシマ TM-3 ヘラセット

です。全然模型触ってないのにね・・。

 

 

 

ガイアノーツ フィニッシュマスター

これは、簡単に説明すると再利用できる繊細な綿棒 って感じでしょうか?(違うか・・w)

ガイアノーツ フィニッシュマスター

ガイアノーツ フィニッシュマスター

黒いスティックが1本と、先端の白いスポンジ?みたいなのが10個入っています。スティックの両端に、スポンジ?みたいなのを刺して使います。主な用途は墨イレ等ではみ出した塗料を吸うのに使ったりします。利点は、綿棒みたいに毛羽立たないので綺麗に仕上がるそうです。また、スポンジ?みたいな物の先端が斜めにカットされており細かな作業もやりやすい。スポンジ?も適度な硬さがあります。吸った後も筆を洗う感じで溶剤で洗えば何度でも使えますが、本当に綺麗に仕上げるな新品を使った方が確実でしょうね。綿棒は綿棒で使い捨てなので、後片付けが楽チンという利点は捨てがたいです。まぁ、結局のところ両方あると良しって感じでしょうか。

 

ガイアノーツ マイクロセラブレード

セラミック刃によるバリ取りナイフです。カッター等のように鋭利ではないため手を切ったりする危険性も低いです。カッターのように鋭利に切るという用途ではなく、刃を垂直にあてて削り取るという用途に使用します。これ結構便利で、ガリガリ削れるんですよねー。小さいお子さんも模型作るようでしたら、バリ取り用に安全でいいのではないかと思いますよ。もちろん大人も持ってるととっても便利。セラミック刃って結構削れるもんですねー。

ガイアノーツ マイクロセラブレード

軸とブレードが1個ずつ付属し、刃の保護キャップが付属。ガイアノーツの工具は、以前にもライチンゼルを買いましたが、あれも良かった。ガイアノーツの工具って値段と効果のバランスがいいなぁって思います。

 

刃先は2種類

刃は1枚しか入っていませんが、両端が違う形になっており直線用と曲線用と使い分けできるようになっています。こういうの好き。刃は結構薄いので、あまり力をかけるとパキンと割れてしまいそうな気もします。替え刃は必須?

今までバリ取りは、デザインナイフでガシガシやってましたが、セラブレードでやれば超簡単。ちょっとしたヤスリ代わりにもなりますし、もっとはやくから使っておけば良かったと思いました。

 

ミネシマ TM-5 モールディングセット と TM-3 ヘラセット

これは、バテを成型したりするのに使う物です。最初は、割り箸削ったやつを使ったり、プラ棒を削ったりしたやつでやってたのですが、後処理が面倒くさい・・・。なので、専用品を買いました。最悪、溶剤にドボンと付ければ簡単に綺麗になりますし。

ミネシマ MT-5 モールディングセット
TM-5 モールディングセットの先端のアップ。なんか、歯医者さんが使ってそうです・・・w

 

ミネシマ TM-5 モールディングセット

いろいろな形状をしています。全部使うか?というとそうでもないのですが・・・。工具類ってなんかコレクションするのが目的・・・みたいな部分ってありません?w そのうち使う時が来るだろう・・・なんて想像して買った工具がどれくらい工具箱に眠っていることやら・・・w

 

ミネシマ TM-3 ヘラセット

TM-3 ヘラセットの先端アップ。本当は、TM-3だけで良かったんですよねw パテをコネコネして貼り付ける用ですから。しかも、3本もいらないw

 

ミネシマ TM-3 ヘラセット
でも、1本ずつバラで買うのも面倒なので、セット品を買ってしまうんですよね。
やっぱ使う・使わないよりも、持ってることに意義があるというか、安心感というか・・・w で、結局面倒くさいときは手でグリグリとパテを盛ったりするんですよね・・・w

 

次回予告:

まだ買った物があります。HDDレコーダーを新調しました。
それについては、また明日更新したいと思います。

posted by bow (DogRun) at 18:55| 兵庫 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月03日

バンダイ MG FIGURERISE 1/8 仮面ライダー 新1号 完成しました。

久しぶりに完成写真です(大笑。
でも、塗装は一切行っていません。墨イレもしていません。素のまま組んだだけです。それでも想像していた以上に良い出来です。そのうち、気が向いたら分解して塗装したりして楽しみたいと思います。

 

マスク
どうでしょ? 一切色は塗っていませんが、この出来映え。黒い部分と目と目の間のメタルグリーンはデカールです。目の裏にも銀色のデカールを貼っていますので目が輝いていい感じ。

 ベルト
フル開放で撮ってるので若干ボケがきつい写真に・・。ベルトもご覧のとおり、赤い点みたいなのベルトに小さいビョウみたいなのを取り付けてその上にメタリックレッドの小さい小さいステッカー。貼るの大変でした・・。塗った方が楽やわww 苦労の甲斐あって、ベルトもばっちり!!
胴体は3パーツで構成されていてウネウネ動きます。

 

ステッカー
ベルトのバックル部分の銀色部分もステッカーです。こんなの貼れるんかな・・・って思いましたが、貼ってみたらいい感じ。よー出来てるわー。新1号を示す2本の白線も中央に細い黒いステッカーを全て貼っています。これだけ近寄って撮っても観賞できるレベルなんだから普通に飾ってる分には全く問題ない。

と、いうわけで全身をどうぞ。

 スタンド付き
重心が上半身にある(上半身の方がパーツが多いので重い)ので、自立するにはするけどバランスが難しい。専用スタンドが付属していて助かります。

 

 横から
パッケージ写真の変身ポーズをとってるつもり。おもったより右腕がうまく決まらなかった・・・。

 

 後ろ
どうですか?いい感じでしょ? 手首や足首といったパーツはガンダム等にはない独特のパーツ(人形っぽいパーツ)になっているのでなめらかに動きます。背中部分は、パカッと開いて肩を前に押し出すことが可能。この機能のおかげで合掌ポーズも可能です。

 

 バリだらけ
顔の部分のバリが目立つ・・。ここヤスルと色変わっちゃう材質なんだよねぇ・・・。顔だけ塗装するのを覚悟でやするか・・。まぁ、これでOKOK!! 横から見たらラジオ体操してるみたい・・・ww

完成したら、結構サイズも大きくて満足度高いです。接着剤も一切使わなくていいし楽しいわ〜。新2号は限定品なので、もう少し寝かせようと思います。どうせ1号と作り方は全く同じだし、すぐに作っても面白くないしね。

マフラーは写真の垂れたタイプと、風になびいているタイプの2種類付属。手首は、指が可動する手と平手の2種類が付属。

次はライダーマンか?(爆 アマゾンでたら買うと思うわ・・・。アマゾンの体中の模様をステッカーで表現するかと思うとゾッとするけど(笑 それより、このサイズ用のサイクロン号を出してほしいな。

素組みで充分楽しめましたぁ〜!! 完成度も非常に高いです。
作っていて思ったのですが、塩ビぽいパーツもあり塗装するときはちょっと要注意かな?(すぐに色剥げしそう)

 

MG FIGURERISE 1/8 仮面ライダー 新1号 (仮面ライダー)
MG FIGURERISE 1/8 仮面ライダー 新1号 (仮面ライダー)

10月には旧1号が出るらしい・・・。どうすっかな・・。悩む・・。限定品じゃないから、暫く様子見かな。また同じ仮面ライダーを作る気力がおきないw
マスク部分は完全新規金型。マスク後ろから髪の毛が出てる部分まで再現されている。旧1号のが好きだなぁ・・・・(歳がばれる・・w)

posted by bow (DogRun) at 01:29| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

バンダイ MG FIGURERISE 1/8 仮面ライダー 新1号 と 新2号 を購入

プラモを予約して買うなんてほんと何十年振りでしょうか・・・。どうせ、すぐにつくらないんだから発売日に買う必要はないのですが・・。でも、MG FIGURERISEシリーズでドラゴンボールが発売され、仮面ライダーシリーズが発売された時に、1号、2号が発売されたら買おうと思っていました。しかも、2号はハンダイのオンライン通販限定モデルとのこと。どうせなら1号と2号両方揃えたかったので予約しました。でも、予約は2号だけ。1号はAmazonで購入しました。

※: 新2号は、バンダイ直営のプレミアムバンダイ限定品です。プレミアムバンダイを見たら、もう受付終了で買えないみたい。既にヤフオクで1万円近くで転売が始まってる様子・・。

本日、1号、2号共に到着。最近、色々買ってブログに書こうと思っているものがあったのですが、仮面ライダーが到着したのでまずは恒例の箱開け写真です。

パッケージ比較
右が一般販売の新1号で、左が限定品の新2号です。限定品は、パッケージが白黒パッケージです。なんで白黒?バンダイの限定品は白黒パッケージなのかな?上の猫も白黒ww

新1号と新2号の違いは?

  • クラッシャー(アゴのパーツ)と、腕と足のラインは新2号用に新規パーツ
  • グローブ、ブーツは真紅の成型色
  • デカール

が異なります。まぁ、ほぼ一緒ってことです(笑 腕のラインが1号と2号で本数が違うのですが、ラインは全て別パーツになっているので、腕も足も作り替える必要があったのと、クラッシャ−も微妙に違うので作り替えたといった感じです。改造が大好きな方なら、1号を2号に改造するのも容易なレベルです。

 全パーツ
凄いパーツの量です。各パーツは完全に色ワケされているので、顔だけでも何パーツあるんだ?ってくらいパーツ割が細かい。専用台座付き。 台座が付属しているのは嬉しいですね。(写真は新1号)

間接部は全てポリキャップ使用で、超絶稼働が可能になっています。
また、マフラーも2種類入っており取り替え式(たれさがった感じと、風になびいているタイプの2種類)。頭部の微妙なグリーンラメな感じもうまく再現されています。

腕と脚のラインは別パーツとなっているのですが、1号の場合はラインが2本入っています。溝の入ったラインのパーツに黒色のデカールを中央に貼って2本ラインを表現する作りになっています。

 

顔パーツ
目の感じもいい感じ。この部分は単なるモールドとかだと素人には手がでない部分なのでありがたい。

全塗装される人には、パーツ配色なんてあまり気にしないでしょうが、塗装しない派の人には、パーツ配色は極めて重要な要素です。仮面ライダーはざっと見た感じでは、色を塗る必要があるパーツは1個も存在しません。全て別パーツ化されていて、デカールで補完されています。欲を言えば、墨イレマーカーが1本あればなお良し。各パーツは光沢があるので艶消しクリアを最後に一拭きすれば、かなり完成度はUPします。仮面ライダーはちょっと汚れたぐらいがいい。

 

頭部パーツ
頭部のパーツです。ここもちゃんと別カラーで再現してくれています。 ほんと、バンダイのプラモデルは箱を開けて見ているだけで楽しいですね。未塗装でも、結構時間がかかりそうです。

 

巣組完成図
昔のプラモデルでは考えられない仕上がり。未塗装で、この出来ですよ・・。 時間と手間に余裕がある人は、これに艶消しクリアーと墨イレやブーツのシワ部分などに汚しが入れられたら最高です。

 

超絶稼働
超絶稼働します。バンダイのプラモデルは新しいのを買うたびに驚きが詰まっています。いや〜これは作るのが楽しそう。って・・・いつ作るかな・・・それが一番の問題です(笑 老後の楽しみかな・・・。PGのシャアザクも買ったはいいけど、ブログ用に写真を撮っていらい開封すらしておらず・・。こいつは、コツコツ作るかぁ・・・。せっかく買ったしねぇ。

 

あいかわらず完成品写真が出てこないブログです(笑
買って満足!!(爆

 

当ブログの今後の更新予定など、

  • INFOBAR購入雑感
  • 水冷PCの製作にチャレンジ (COOLERMASTER CM690 PlusII, CORSAIR 水冷CPUクーラー CWCH50)
  • NETGEAR Stora(メディアサーバー) を購入

などなど、色々買って写真も撮るには撮ったのですが、ブログ更新が追いついてないという状況です。

posted by bow (DogRun) at 14:46| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

RG 1/144 MS-06S シャア ザク を購入

久々の購入ネタ。
いつも通りテキトーに紹介しよう!! レビューって書くと、ツッコミ入るのでテキトーに紹介です。発売日に買おうと思ったら、売り切れてたので今頃購入。

RG 1/144 MS-05S シャア・アズナブル専用 ザクII

以前、RGのRX-78 ガンダムも紹介しましたが、そのRGの第二弾です。ザクもやっぱり買っておこうかなと購入してみました。年末にでも作ろうかな。

箱絵

まずはお約束のパッケージ。模型本体より、箱絵のが数倍格好ええなぁ。

 

全パーツ

全パーツです。1/144だというのに、何というパーツ数の多さ・・。MG並。
ガンダムの時もそうでしたが、素組みでも結構時間がかかりますよ。でも、作ってて楽しいです。パーツ数が多いから、完全に塗装しようとすると、えらく時間がかかると思います。

 

色分け

ガンダムは白色のパーツが微妙に3色ぐらいに成形されていましたが、ザクの場合はピンクの部分が3色ぐらいに成形されています。微妙に色が違うんですよね。濃い赤の部分はMGとかでもそうですが、もっと落ち着いた色で成形してもらいたかったなぁって思います。

 

インナーフレーム

RGの肝です。インナーフレームです。ここから、パチンパチンと外すだけで既に可動するという恐ろしいパーツです。装甲をはめる前に動かそうとすると折ってしまうので、必ず説明書の指示に従って組み込みましょう。これらのパーツのおかげで可動範囲が大きくなっています。アニメのシーンも再現可能!!

 

動力パイプ

皆さんが一番ザク系を作る時に嫌気がさすパーツ・・・動力パイプです。昔は、全部一体型の物だったので楽だったのですが、最近のは1個ずつパーツがバラになっています・・・。ここに、左のパイプの元を突っ込んでからパチパチと切り離していくようです。素組みの人は、それでいいんでしょうけど、塗装する方は全て切り取って塗装してから組立てとなるでしょうから大変ですよね。でも、この動力パイプが一体型と別パーツではリアル感がダンチで違うので、頑張らなければいけないパーツです。

動力パイプの数みたら、ちょっと組立てる気が失せてきた気がしないでもないですが、暇だったら着手してみようと思います。
RG ザク 買った時に、例の物も見てしまいました・・・。見ちゃいけなかった・・。それは、何かというと・・・。 メガサイズ ザク・・・・。ガンダムみたいに超デケー。うーー。メガサイズはまた今度にしよう・・。場所とるし・・。

メガサイズは1/48でっせー。でかいでっせー。欲しいわ・・・。
また買ったらブログで紹介します。

posted by bow (DogRun) at 00:57| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

リアルグレード 1/144 RX-78-2 ガンダム

バンダイはガンダム 30周年ちゅーことで、いろいろな商品ラインナップを展開していましたが、またガンダムを出すらしいのです。メガガンダムもまだ手をつけていないというのに・・・。

調べてみたら、リアルグレードという新しいシリーズのようで、動画みたらびっくらいこいた。もうランナーにパーツをくっつけておく必要なくない?(笑 もうバンダイなら、ランナーにつけてプラモデルとして売る必要がないくらい成形技術が進化してる。なんか、金型がとかスライド金型とか言ってる時点のレベルじゃない・・・。光造型の域に達してる。バンダイはほんとガンダム1本で、世界に誇れる成形技術を構築してるねぇ。今だに売れるわけだわ。もちろんRX-78-2好きの俺も買うw

少し前からランナーから切り離しただけで可動するパーツってのは存在してたけど、それをさらに突き詰めたって感じですなぁ。ガンダムも楽しいけど、他のジャンルにも進出してくれると模型ももっと盛り上がりそうなんだけどなぁ。

posted by bow (DogRun) at 11:44| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

1/48 メガサイズモデル ガンダム と みんなのナビ その後

1/48 メガサイズモデル ガンダム

いや〜またプラモデル買ってもうた。
スーパー行った時に、ミドリ電気いったら、なんか一部の商品だけ3/31迄 30%OFFやっていました。最初に目についたのがフジミのウィリアムズ FW16 サンマリノGP です。最近、模型界もF1ブームですねぇ。まさかって感じでどんどんキット化されていく。でも、いまいち評判は良くない感じです。結構高いキットなので、もう少しフジミさんには頑張ってもらいたいです。でも、そのうち買っちゃうだろうなぁ・・。今回は、買ってません。非常に悩みましたけど・・。3月末までにまたミドリ電気いったら買っちゃうだろうと思う。

で、FW16に後ろ髪ひかれつつ、帰ろうとした目の前に入ってきたのは・・・・・

超でかい箱のガンダム。30周年記念モデルですね。なんじゃ、この箱のでかさは!! と、見てみるとメガサイズモデルと書いてある!! どんだけでかいんだ? 1/48だそうで。私は 1/60 を持っていますが、それよりさらにでかい!! これ・・3万くらいか?って値段をみたら、30%OFF で 5733円(税込)・・。え?6000円で買えちゃうの? 箱の横の説明を見てみると、PGみたいな精密なモデルではなくて、中身は結構簡素化したモデルのようです。コアファイターも収納できません。車でいうと、エンジンレスモデル みたいな感じ(どんな感じやw) 造りも、モナカ構造が多い。でも、MGやPGシリーズで培ってきたノウハウはばっちり入っているし、さらにゲートから手で簡単にもぎとれる仕様(ニッパー不要)なのだ。ゲートから取り外すためのツールも入ってたり、バンダイはまた新たなスパイスを詰め込んでる。むむ〜〜。1/48かぁ・・・37.5cmになるらしい。何処におけばいいのか・・。まだ作ってないのもいっぱいあるのに・・・、しかもこの箱のでかさ・・積み模型道では箱のでかさは悩みのタネだな・・・

なんて、気がついたらレジに並んでいた・・・。

なんて言ったらいいんだろう。初代ガンダムを手にもつと、なんか心躍るんだよなぁ、年甲斐もなく。

箱がでかい
箱がでかい。塗装ブースのハニカムフィルターより一回り以上でかい。でも、PGみたいに重くない。バンダイもうまい商売考えるなぁ。買ってしまったじゃないかー。

 

1/60との比較
横にあるガンダムは1/60 PGガンダムです。シールドをみてもらったらわかりますが、1.5倍くらいでかい・・。あまりにもシールドがでかすぎて、箱を開けた時に笑ってしまいました。

 

1/100 との比較
次は1/100 MGガンダムです。シールドとほぼ大きさが同じなんですよww でかすぎでしょww 横にビームライフルも見えてますが・・・ww これだけ大きいと塗装する気がなくなりますね。普通に素組して楽しもうかなぁって思っています。組立てて、気に入らなかったらまた分解して塗ればいいしね。

MGやPGのように中のメカにそれほど興味がない人は、このシリーズいいんじゃないでしょうか? メカ部分ってとってもよく出来ているので作っていて楽しいのですが、結構パーツ数が多いのと、最後には装甲で見えなくなってしまうという2点で内装をハショッタバージョンってのはアリだと思います。

出来れば、顔から肩、できればコックピットが見えるぐらいまでに特化したものをキット化して欲しいと思います。発売されたら、1万円以内だったらとりあえず買うと思います。

追記(3/7):

メガサイズモデル ガンダムで調べたら、これ3/6日発売って買いてある。ってことは、私は発売日に買ったのか・・。知らなかった。ほんと、今さっき箱あけて中を眺めてたんですが、やっぱりモナカ祭りですww 合わせ目消ししたら大変だろうなぁ・・。パテいっぱいいるだろうなぁ・・。でも、このメガサイズって、そういうこと気にしないで大昔の初代ガンプラブームに1/144を作って驚喜乱舞していた頃を思い出しつつ、何も考えずに夢中に作った方が楽しめる気がします。バンダイも、そんなのを想定してハショッタバージョンを出したのでしょうし。メガサイズモデルと名前にあるように、このシリーズはでかさが一番の売りだと思います。とにかく、どのパーツ見ても、「でけぇ・・」ってそればっかりw

箱を開けた時のシールドのでかさのインパクト。最高です。今までみたことがないでかさのシールドです。PGを持っている人には、「おぉ、でかいなぁ〜」って感じですが、MG持っている人には、「でけぇ〜〜〜」って感じで、HGのみの人は、「ちょ〜〜!!」って感じでしょうか。私は、初代ガンダムが特にすきで、1/144 HGCUG, 1/100 MG, 1/60 PG,そして今回の1/48 MEGA。次はGIGA?

パーツを色々眺めていて思いましたが、ほんと多色成型技術ってハンパないですね。なーーんにも塗らなくてもOKなようになっている。素晴らしいの一言です。私みたいな積むばっかりの中途半端な人は、塗ろうかどうかためらいますが、塗装道具を持っていない、接着剤もない、ニッパーも持ってない、そんな層でも簡単に手が出せるいい商品です。これで、間接も当然フル可動で、しかもノッチ付ポリキャップなので可動部分をしっかり固定できるという。素晴らしい。

これ売れるんじゃないでしょうか? いや、売れて欲しいと思います。30th記念モデルだけど、たくさんうれて次を出してもらいたいです。PGザクも欲しいなぁって思っていましたが、PGって結構作るの疲れるんですよねぇ。PGザクは何度も買うのためらいました。ザクやグフは動力パイプを組立てるのが面倒なんですよねぇ・・。MEGAシリーズにしてくれたら、ザク買うかも。動力パイプ部は、1/144みたいなのでいいから。

てなわけで、みなさんマクドナルドみたいなネーミングの、メガサイズモデル ガンダム 買っちゃいましょう!! 私は、今まで積んできた模型をさしおいて、メガサイズモデル ガンダムを最初に作ることに決めました。製作レポートは悩み中ですが(素組なので書いても面白くないでしょうしね)。

 

みんなのナビ その後

先日のみんなのナビ 雑感でも写真掲載したのですが、携帯カメラで撮影したのでいまいちな画質でした。デジカメで撮り直しました。

写真とりなおし
エアコン吹きだし口にカップホルダー(ダイソー/100円)を取り付けて、ゲームスタンドDX で取付けています。吸盤はつかないので、カップフォルダーの底でタイラップにて固定。これだけですが、しっかり固定できています。ゲームスタンドDXは、取付け、取り外しが簡単なので気に入ってます。
運転していると、PSPの画面がちょうどステアリングの時計で10時ぐらいに位置する形になります。PSPが近いので運転しながら、ボタン操作も楽です。

 

カップホルダー
電源ケーブルやGPSケーブルなど、ケーブル類が長くて余るのですが、余ったケーブルはカップフォルダーの中に収納しています。ポン付けGPSなので、配線類が美しくないというのが難点ですね。半分遊びだからいいんですけどね。

テープアダプター
カセットテープアダプターを買いました。PSPの音をカーステレオで聞くためです。初めてカセットアダプターなんてものを購入しました。今時であれば、FMワイヤレスで飛ばすのがいいのでしょうが、FMワイヤレスはどうしても音が悪くなるケースが多いです。また、シガーソケットの電源供給を必要とするものが多いため、PSPの充電でシガーソケットを使用しているので、シガーソケットを追加するのも何となく嫌だったのでカセットアダプターにしました。音は普通。電源不要。充分です。

とりあえずPSPナビ遊びは、これで完成です。

ここ最近、外に出るときは近場でもわざとPSPもって出て、ナビを使っています。
みんなのナビ 使えますねぇ。携帯ゲームマシンが、ナビになるってのがとても面白いです。最近では、LUMIX TZ10もGPS内蔵で、世界中の何処でとったか地名と現地時間が自動的に記録されるそうで・・・。何でもかんでもGPSですなぁ。しかも、最近はHD画質の動画が撮れるデジカメばかり・・。時代の進歩は速いですなぁ。次はLUMIXのコンパクト一眼が欲しいなぁ。

posted by bow (DogRun) at 00:18| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

最近の買い物

最近は以下を購入。

最近の買い物
左から、ハセガワ ミラーフィニッシュ、GSIクレオス Mr.ラインチゼル、ラインチゼル用替え刃2mm, PILOTのフリクションボールペン(0.5mm黒)

ミラーフィニッシュは、最近作ろうとしてる模型で少し使おうかと思って購入。
ラインチゼルは、新商品だし興味あったので購入。本体には3mm刃がついているので、替え刃として2mm刃を購入。PILOTのボールペンは、今流行の消せるボールペン。これがなかなか楽しいのよ。

 

チゼルの先端
チゼルの先端のアップ。替え刃は、指で抜けば簡単に抜けます。少しだけ使ってみましたが、切れ味は問題なし。そりゃー新品の刃なんだから切れて当たり前って感じの切れ味です。使い続けると、どれくらいで切れ味が鈍ってくるかが問題だと思いますが、そこまで検証できません・・・。値段相応って感じなんでしょうかね。3mmの替え刃も売ってるので切れなくなったら交換ですね。


 

フリクションボールの書き味
フリクションボールで書いた線です。ボールペンで書いてるというより、サインペンに書き味は近い気がする。インクの乾燥も早く、書いてからすぐに指でこすっても汚くなりにくい。ボールペンよりいいかも。

 

消してみました
線を消してみました。簡単に消えるので、とても面白い。あと、いいなと思ったのは、消しゴムで消すみたいに消しカスがでないのと、摩擦熱で消すのでボールペンの消しゴム(実際は消しゴムではない樹脂製)部分が何回使ってもすり減らないってことでしょうか。

鉛筆のように使うボールペンですね。これはいいわ。鉛筆だと、擦れたりすると段々黒く汚くなってきますが、フリクションボールだと大丈夫。しかも、鉛筆と同じように消せる!! こりゃ、赤色も買おう。3色セットがいいかも。

裏技で、60度以上で消えるインクなので、書いたところをドライヤーで超近距離で熱風を当ててあげると、まとめて消せますww 戻したい時は、冷却スプレー(アイススプレー)を吹いてあげればインクが復活します。このインク使ってマジックできそうですね。。

 

 

スライドテーパーゲージ
スライドテーパーゲージです。穴(パイプ)の直径や隙間を計測するためのゲージです。ゲージだけの商品はよく見ますが、この商品はカッターナイフのように使います。ゲージ部分を保護できるので便利。

 

 

便利
プスッっと刺したところのメモリを読めば直径であったり、隙間がわかるという優れ物。なかなか、便利です。

 

今回は、ボールペンが一番買って良かったものかなぁww でも、210円(税込)と通常のボールペンの倍くらいするのが高いです。でも、それくらいインパクトがあるボールペンです。普段、ボールペンを使われている方にはオススメです。

posted by bow (DogRun) at 21:46| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

最近の買い物

最近まったく模型作ってないくせに、模型の道具を買ってしまった。

モデリングブラシとハケ型瞬間接着剤
モデルクリーニングブラシ と はけ塗りの瞬間接着剤。やすりがけの後とかに、つい癖でフゥーって吹いちゃうんだけど、そうすると机のまわりが粉だらけ・・・。こりゃーよくないと、歯ブラシで落としてたけど、歯ブラシだとまどろっこしい。つーわけで専用品を購入。

瞬間接着剤のノズルも持ってるけど、ノズルって結構面倒。1回使うと詰まったりするし。替えノズルは勢いよく出すとノズル毎ボタッって落ちたり・・。単純にハケでぬれたら・・・なんて思ってたらあった。迷わず購入。でも、はけ塗りって塗ってからすぐにボトルにしまわないとすぐに固まってしまうんじゃ・・・。どうなんだろうか・・。

 

硬いブラシもある
キャップを外すと、硬くて短いブラシも顔を出す。なかなか使い勝手よさそうだけど、慣れないとやっぱフッーって吹いてしまいそう・・・。

 

あと、欲しいなって思ってるのは、クレオスの新製品。

  • Mr.カラー専用 真溶媒液 ★11月発売らしい
  • Mr.ラインチゼル(けがきツール)  ★10月発売らしい
  • Mr.ラインチゼル用替刃 0.2mm ★10月発売らしい
  • あと、粗めと細目のフラットベース ★11月発売らしい

また、見つけたら買っとこう。クレオスの商品は、スーパーに買い物に行った際にミドリ電気が同じ建物にあるので、いつもそこで購入。模型コーナーにあまり人がいるのを観たことがないけど、商品は結構豊富に揃ってくれてるのがありがたい。最近、模型はほとんどミドリ電気 or ヤマダ電機。

さーて、次は何を買おうかな・・。って、F40・・・(汗

posted by bow (DogRun) at 01:13| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

青島 1/32 特殊荷役シリーズ No.04 トヨタL&F ジェネオ20

久々の更新。

特殊荷役シリーズを買ってしまいました。

前々から欲しかったフォークリフトです。
モナカっぽいボディですぐに組立て完了って感じだろうと思ってましたが、箱を開けてみてビックリ・・。少なくとも1/30のカーモデルよりかは精密で1/24にもヒケをとらない精密さとパーツの数。

TOYOTA ジェネオ20
ヤマダ電機で購入。1,580円(税込)なり。パレットがオマケ。特殊荷役シリーズは、このオマケも魅力的な物が多い。

 

運転手つき
運転手が付属。顔だけ帽子(ヘルメット?)ありとなしで2種類あり。運転手がついてるのって嬉しいなぁ。

 

パーツ数が多い
想像以上にパーツが多い。ボディ関係は全て成形色は白色。タイヤはちゃんとゴム製。クリアパーツもちゃんと付属している。思ってたより細かいぞ〜。作ってしまえば見えなくなるような部分もちゃんと成形されてたり、結構本気仕様。

 

パレット
パレット。パレットって何ぞ?って方に簡単に説明すると、フォークリフトは2本の角のような物で荷物を持ち上げる車両なのですが、地面に荷物を置いた場合、うまく拾い上げることができません。そのため、このパレットの上に荷物を置き、パレット毎フォークリフトで持ち上げて運んでしまうものなんですねぇ。なので、一般的には安価な木製のパレットが使われていたりします。付属しているJPRというのは、日本パレットレンタル株式会社で、パレットをレンタルしている会社です。でも、うちでは木で出来たボロボロのパレットしか見たことがないです。JRPのデカールも付属しています(笑。すごい懲りようだ。

 

もっとしょぼいのを期待してたけど、見事に裏切られました。
なんだか、ジオラマ作りたくなりますね。

フォークリフトの実車の写真を撮ってこようっと。

 

特殊荷役シリーズ No.1 のターレットも欲しくなってきた・・・。ターレットといえば、小さい頃近所の中央市場に出入りしてたターレットを見て、「乗りたい!!」ってずっと思ってたなぁ。プラモのオマケは、冷凍マグロ5個だそうな(笑。マグロが欲しいのでNo.1も買っとくかな・・。

 

模型は、こうやって買った後に想像をふくらませて楽しむものであり、決して買ったその日にてきぱきと組立てるものではない。

と、自分に言い聞かせるのであった・・・・。
まだF40も完成してないし・・(汗

posted by bow (DogRun) at 19:38| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

1/24 タミヤ Ferrari F40 その8 (ボディ補修)

前回ぶっ壊れて接着したリアカウルを塗装に備えてペーパーがけをしました。
ペーパーがけって単に荒い番数からかけていけばいいだけの作業なんですが、これって結構奥が深い作業ですよね。

どの場面で何番を使ってペーパーがけするかは、当人の自由なんですが色々試してみないと2000番ばかり使ってもなかなか削れず時間がかかる。かといって240番なんて使ったらザリザリに・・・w 加減が重要なんですが、その辺の案配は模型歴が物を言うのでしょうねぇ。私は、最初は240番(ほとんど使わず)から全部の番数のペーパーを買いました。色々使っていくうちに、自分のペーパーをかける力加減とかもわかってきて、使う番数が限られてきました。

2000番なんて削れない・・・なんて思っていましたが、カーモデルを作るようになってから2000番でもよく見ると傷だらけなんだなと思うようになりました。それ以上は、マニアックなホームセンターに行けば3000番、4000番の布のようなペーパーが手に入るのでそれで磨けば2000番のキズも消せるでしょう。またはコンパウンドで磨くかです。磨きも奥が深いですねぇ。

 

キズを消しました
リアカウルは割れちゃったので接着跡をペーパーとコンパウンドで磨きました。もう割れ目が何処にあるかわからないぐらいになっています。ボディもよくみたらうっすらキズがついていたので2000番で軽く磨いた後にコンパウンドで磨きました。あとは、クリアー吹けばいい感じになりそうです。

リアカウルは割れ目部分にサフをさらっと吹いて、またレッドを吹きますのでボディ本体と色が違ってこないように注意しなければいけませんね。違ってきそうだったら、もう1回全部吹き直しますww

さ〜て、もう終わるだろうと思われていたF40。まだまだ続きます(爆
はやくマクラーレン作りたい!! んだけど、シャアザクVer2.0も中断したままだし・・。FUJIMIのフォークリフトも欲しいし・・・どうしたものだか・・。

 

先日、うちのブログを見て、困っていたトラブルが解決したよ!! ってコメントが入っていました。
こういうコメントって嬉しいですね。自分がまたやっちゃうんじゃないかと残しておいたメモ書きが役にたったのですから。これからも、メモ書きはどんどん残していこうと思います。

当ブログの参照記事RANK5

  1. Windows Live Suiteがインストールできない場合の対処方法
  2. RAMディスクに挑戦してみました
  3. 液晶アーム 凄腕シリーズ UNI-LCD-ARM03 購入してみた
  4. FreeTrackに挑戦!!
  5. CD-ROM(DVD-ROM)が認識しない

この5つはいつも参照がありますね。Live Suiteなんてもうかれこれ随分と前の記事なんですが、今だに参照されているってことは、未だにトラブルに見舞われてる人がいるってことですね。
トラブルが解消されてばいいのですが・・・。

 

ARMA2

新パッチあててみました(steamだから半強制ですが・・w)。なんだか音が割れますね・・・。プロファイルを新規に作り直さないと修正が当たらない可能性があるつーので新プロファイルでキャンペーンやりなおしています。ARMA2のキャンペーンは地獄です・・・。まだまだバグは沢山あるようなので、おそらく年末頃には安定して遊べるのではないでしょうか?(笑

posted by bow (DogRun) at 00:29| 兵庫 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

作業場の模様替え

今まで2/3畳くらいのスペースの上に、塗装ブースやら何やら置いていたのでとても作業性が悪かった。また、地べたに座るタイプの机なので長時間は腰にきてしまう。

ということで、椅子に座って作業できるように模様替えしてみました。
以前の作業机の横にはルミナスのスチールラックがあったので、今回の机もルミナスで増設する形をとってみました。

ルミナスで製作
最近は天板付きのテーブルも売ってるので簡単に机が作れます。右側がスチールラックで、左側は2本の支柱を使い、足元にコの字のラックをかませて強度をとっています。これで、充分な強度がでます。奥行きがあまりないので、奥にも棚のラックを増設。

 

奥にもラック
もっと長さとか色々あるのでちゃんと選べばもっといいのが出来るはず。
ルミナスって高めですが、頑丈なのでスチールラックが結構あります。

 

ホースを上から吊る
ガソリンスタンドみたいに、エアブラシのホースを上から吊ってみましたww 塗装する時にホースがひっかかったり、重さを感じることがなくなるのでいいのかな???(まだ使ってないので不明w)
作業しないときは、エアブラシを右奥のコンプレッサーの横に置いておきます。机一枚分を別の作業で使えます。

 

排気
排気は、塗装ブースを買った時に作ったものをそのまま利用。窓用換気扇の板に穴をあけて、そこにホースを固定しています。ですので、ホースを出したりしまったりする必要はありません。

 

破損修理
F40ですが、破損した箇所を修理しました。
リアカウルは割れてしまったので接着。接着後に割れ目に瞬間接着剤を塗ってパテがわり。

 

修理その2
カウルのヒンジ部分も見事にぶっ飛んでたので接着。
このヒンジ部分の部品は凄く小さいのですが、見つかっただけでも良かった。

 

エンブレムの製作
リアカウル割れて、シャーシの一部もぶっ飛んでますが、何とか全て接着完了。凄くモチベーションが下がってしまったのですが、とりあえず完成させなくちゃと次の作業へ。

F40ではボディに貼るステッカーはほんの一部です。上の3つくらい。ボンネット先端に四角いエンブレムが1枚。フロントタイヤ横にそれぞれ1枚ずつ。本来であれば、ステッカー貼った後にクリアで保護って感じがいいらしいのですが、今回はエンブレムを一番最後にします。

そのために、透明の薄いプラバンにステッカーを張りつけ、上から水性クリアーを原液のままたらしてコーティングします。うっすらクリアの膜が出来た状態です。最後にこれを切り取り接着します。

フェラーリのエンブレムて本来は、ステッカーのようにペラペラのが貼られてるだけみたいですが、やはり何となくシッカリしたエンブレムであって欲しいという想いを再現です。と、後から貼り付けた方が作業が楽になるので・・。

 

F40もそろそろ終わらせないとねぇ。チマチマモデラーは完成までの道のりが長い・・。

posted by bow (DogRun) at 00:17| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

1/24 タミヤ Ferrari F40 その7 (ボディ塗装 2回目)

この作業をしたのは7/25です。ブログ更新さぼりまくってたら8月になってた・・。

シャーシ組立て
シャーシ部分の組立ては完了。いよいよって感じです。

 

dr0802_02 
ボディも2回目は圧を落として丹念に塗りました。テカリも一回目と比べるとかなり出ました。あとは、クリア塗装の予定です。

 

dr0802_03
お湯まるくんも試してみました。沸騰したお湯にお湯まるくんを入れるとフニャフニャになります。それを、型取り足りパーツに押しつけます。あとは、水で冷やしてあげるとすぐに固くなります。最初は、2つのお湯まるくんで片面ずつ型取りする方法をとろうとしたのですが、それは難易度が高い。なので、全面をお湯まるくんで囲ってしまい、水で冷やして固まった後にカッターナイフで分割するという方法が簡単でした。

面白くて色々なものをかたどってみましたが、結構複雑な形のものでもかたどれました。
どうでもいいものをかたどって、ポリパテを型に流しこんでみました。バリバリだらけにはなりますが、ちゃんと型どおりのものができあがりましたよ(写真撮ってません・・)。何か部品が壊れてしまったとき等には活躍しそうです。ただ、ポリパテは臭すぎるのであまり使いたくないなぁ・・。

 

Ferrari F40も遂に完成間近となったとき、部屋の模様替え中にドライブース毎落下させてしまいました。ドライブースも扉の隅っこが割れ、中に入れてあったF40も、ボディが割れてパーツが飛び散る始末・・。あわわわ・・・。ボディの割れもリアカウルの部分なのでそれほどダメージも大きくなさそう。クリア吹く前でよかった・・。とりあえず接着して再塗装したいと思います。やれやれ・・。

posted by bow (DogRun) at 23:22| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

1/24 タミヤ Ferrari F40 その6 (エンジン組立て その2, インテリア組立て)

チマチマモデラー Ferrari F40も その6になりました。
ようやくボディを残し、ほぼパーツができあがった感じになりました。

今日のお買い物。

お買い物
左からマスキングテープ(替用)タミヤ ウェザリングマスター D水性クリアタミヤ サーフェイサーラチェットカッター です。

ウェザリングマスターはDタイプで、青やけ・赤さび・ススやオイル汚れ を表現するためのセットです。カーモデルやバイクモデルに最適です。

ウェザリングマスターD
左から青やけ、赤錆び、スス・オイル汚れ って感じです。購入時の状態では、下のスティック(筆)は見えませんが最初から付属しています。私は、洗うのが面倒なので綿棒で使います。

私は普段水性は使用しませんが、水性クリアーは部分コーティング用に使用します。インパネのメーターにデカールを貼った上に水性クリアーを少したらしてコーティングします。タミヤのサーフェイサーは、サーフェイサー吹くまでもない小さなパーツに下地処理を施したい時に筆でサササッと塗る時に使用します。チマチマモデラーにとってエアブラシ稼働は、本腰入れて模型を作る時だけです。最後は、サークルカッターと言われるものです。コンパスのような感じで円にカットできます。とても綺麗に円が切り抜けるので楽しいです。零戦とか作ってる方は、これで日の丸用マスキングを作ったりしているようです。あると非常に便利のようなので買ってみました。使う時がくるかどうかは別問題ですww

 

では、本題のFerrari F40へいきましょう。

エンジン組立て
少しまだ付いてないパーツがありますが、エンジンとリアサス回りを組立てた状態です。エキマニやマフラー、ターボもピカピカです。これはこれで美しくアリだと思います。が、やっぱり汚しを入れたいところです。エアブラシでクリアーブルーやクリアーオレンジ等を吹き付けてもいいのですが、今回はウェザリングマスターを使ってみたいと思います。なので、エンジンは組立てた状態です。

 

写真暗い・・・ 
パイピング類にウェザリングマスターで汚しを施してみました。あんまり目立たないぐらいにしておいたほうがいいかなと弱めにしてみました。

 

リアから
リアからです。結構、いい感じに汚れがついてそれっぽい感じに仕上がってると思うのですが、いかがでしょう?元々はパイピング類はクロームでテッカテカでしたがウェザリングマスターをこすりつけることで艶もなくなっていい感じに落ち着き具合になったかな・・・と思います。この作戦は、フジミのピカピカメッキエンジンにも使えるはずです。Ferrari F40のエンジンはその実験です。
プラグコード類は、上からほとんど見えないので今回は省略しようかな・・・なんて思っています。

 

仮組み
インテリアも完成しているので、シャーシに全て仮組みしてみました。こうやってみると、エンジンが真後ろにあるんですよねぇ(当たり前ですが)。暑いだろうなぁ・・・うるさいだろうなぁ・・・・。フルディスプレイモデルですが、フロント部分はかなり省略されています。開け閉めできるのはリアのみです。

 

リアビューがしぶい
フロントは何もないのでリアから撮影。やっぱり、リアからのが渋いっすね。

 

インテリア
インテリアも完成しています。塗り分けはザックリですが、インテリアは完成するとほとんど見えないので何となく塗り分けていれば、それっぽく見えるのでOKです。メインのインパネとステアリング右横の3連メーターに水性クリアを垂らしてコーティングしています。

 

あとは、ボディとシャーシーのレッドを吹くのみなんですが、なかなか天候が良い日かつ、作業ができる日がなくボディの本吹きが出来ていないです。今月中には完成させたいところですが、果たしてどうなることでしょう。
素組みしかしていませんが、まじめに模型作ると結構な時間かかりますね。それが、またいいんですが・・。チマチマモデラーのくせに完成を焦ると凄くアラアラになるので、ノンビリいきたいと思います。

posted by bow (DogRun) at 00:38| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

1/24 タミヤ Ferrari F40 その5 (エンジン組立て その1)

チマチマとやっとります。
今日はエンジンの組立てを行いました。細かい部分は、組立てながら筆塗り。

エンジン組立て1 
エンジンコア部分をアルクラッド クロームで塗装しただけにテカテカですw テカテカしすぎてフラットアルミで塗装しなおそうかな・・・なんて思いましたが、組んでみたら結構いいかんじ。

 

dr0718_03
別角度から。このエンジンを組立てたいがためにフルディスプレイモデルを選択します。フジミのマクラーレンはエンジンパーツがめちゃくちゃ細かいです。エキパイは全て別パーツですから・・。作りがいありそうです。8月にエッチングパーツが出るそうなので、エッチングパーツが出てから作ろうかなぁ。

 

タミヤ 1/20 ドライバー
こんなの買いました。タミヤ 1/20 ドライバー。新品売ってないのでヤフオクで落札しました。箱も説明書もデカールもないですが、100円で落札。定型外で送ってもらったので、合計で240円でした。もちろん、マクラーレンにセナを乗せるために買いました。フジミのマクラーレンはコックピットも細かく作られており、ペダル類まで再現されています(見えないのに・・)。で、この人形のせたら、ますます見えなくなるという・・。やっぱ、セナが乗ってないと意味がない。足先もパテで成形したいと思います。

フジミのドライバーは1/24なんですよねぇ。1/20でドライバーとかメカニックとか出してくれないかなぁ。しかも、最近のフジミの技術を総導入して表面処理入りまくりのフィギュアシリーズが欲しいですねぇ。

 

ARMA2

ARMA2ってEAX対応なくなったんだ・・と思っていたら残ってました。ゲーム画面からではなく、configファイルを直接さわればEAXが有効になります。ARMAの頃もそうだったんだけど、どうもEAXとの相性が悪いというかそれほど効果が効いてないというか。でも、EAX無効よりかは音に深みがでますね。

posted by bow (DogRun) at 00:55| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

1/24 タミヤ Ferrari F40 その4 (ボディ塗装 1回目)

ようやく梅雨明け。ボディを吹きました。一回目はざっくりと。
あと、室内とかエンジンまわりを塗装。アルミで塗る予定だったんですが、アルクラッドを買ったのでどうしてもアルクラッドが使いたくてクローム塗装。このアルクラッドはベースをしっかり作らないで塗ると単なるシルバーって感じ。ベースにブラックを塗ってしっかり艶が出た状態の上に軽く吹きかけるとテカテカになります。

まるでメッキ
もうテッカテカです。アルクラッド使いたくて、黒をしっかり塗ってテカテカにしておきました。デジカメ写真だとテカテカ度半減ですが、もうテッカテカです。フジミのマクラーレンのエンジンよりテッカテカ。アルクラッド・・高いだけありますなぁ。そういえば、スーパーファインシルバーもあるんだった・・。どれくらい違うか試してみないと・・。

 

一回目の塗装 
ボディだけ、白サフを2回吹いています。
1回目塗装完了。1回目はざっくりと赤くなればいいやレベル。次回、本吹き。車のボディの塗装ぐらいの面積になると、タミヤ ベーシックエアブラシでブワーーーっと塗った方が艶を出しやすいみたい。

細かい部分パーツは筆塗り予定。足回りや室内は組立てに入ります。アルクラッドの塗装が楽しくて、フラットな部分もどんどんクロームで塗装ww
シートとかも同じ色で塗装。手抜き。このあとつや消しクリアを吹くので、もう少し落ち着いた色になると思うので同じ色でいいやって感じです。ボディはもうちょい暗い赤のが良かったかなぁ・・・。

 

塗料皿?
チマチマモデラーである私の一番の悩み。それは、塗装後の片付け。
色を希釈するための皿や、エアブラシの洗浄。結構、これが時間的にバカにならない。その辺を短縮するため、皿は使い捨て方式に。よく弁当等に入っているアルミの入れ物ですw 大量に入れると柔らかいのでこぼれますが、希釈した後エラブラシに入れてあとは捨てるだけ。

 

紙コップ
もうちょっと大量に色を作る場合は、紙コップを使います。滅多に使いませんが・・。色を希釈して、エアブラシに注ぐ際に、カップをペコっと潰すことで注ぎ口ができます。これもまた便利。

 

この調子で、いつになったら248F1やM4/6に手がつけられるのでしょう・・・。そして、ずっと保留になっているシャアザク Ver2.0の運命はいかに・・。

posted by bow (DogRun) at 00:49| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

フジミ 1/20 マクラーレン ホンダ MP4/6 日本グランプリ をチェック!!

1/20 F1 マクラーレン ホンダ MP4/6 日本グランプリ のキットをチェックだなんて言ってますが、細かい部分はわかりませんので写真並べるだけでww

パッケージ
パッケはマクラーレンのボディのように真っ白パッケージ。箱は、フジミお得意のギュウギュウ詰め。入れる順番間違えると、フタが閉まりませんwww
箱の上に乗ってるのは、アルクラッドのシルバー。ついに買ってしまいました・・。高すぎる・・・。でも、試してみたい・・。そんな衝動買いです。

 

タブデザインのデカールセット
タブデカールのマルボロのデカールとのセットです。デカールだけで1400円って・・。マクラーレンは特別なので高くてもマルボロのデカールは必須・・。

※: マルボロのデカールは別売りですよ。

 

シートベルトエッチング
ブログを書いてて、取り忘れてたことに気づき、急いで撮影。初回限定で、シートベルトとエッチングパーツが付属します。これだけでも初回版を買う価値があります。こういったエッチングってとっても高いので・・。

 

キット全貌
箱を開けた状態。キラキラと輝くパーツが目を引きますね。しかし、フジミ!! って感じでギューギューです。ほんとよく入ったなぁ。箱の大きさ、248F1と同じです。価格も同じ。

 

ボディとコックピット
しかし、パーツの数が凄い多い。細かくパーツが細分化されており、塗り分けるのが簡単になっています。作るの楽しそうだぁ。

 

表面処理がすごい
よ〜くパーツをみていくと、パーツの表面処理が細かく施されてるのがわかります。コックピット部分のカーボンのザラザラした感じが表現されています。他にも、サスペンションアームなどにもザラザラ感が表現されていました。フジミのやる気があらわれています。サフ吹いて消えませんように・・・w

 

キラキラエンジン
エンジンパーツの全てです。総メッキパーツになっています。メッキパーツは根こそぎキッチンハイターでメッキを落として塗装するって人にはつらい仕様ですね。私は、このメッキを活かして組立てたいと思います。楽だわ〜。普通に組んだら、ギンギンギラギラになりそう・・。様子みながらって感じですかねぇ。

 

ウイング類
ウイング類などのパーツも観てみました。結構、パーツを薄く生成しているようでした。気になる人は、もっとウスウス攻撃したいんでしょうけど、面倒くさい派な私にとっては充分な薄さでした。

 

付属デカール
付属デカールです。コックピット前の赤い色はデカールとしてありますが、エンジン側は塗装しなさいという仕様です。ほら、付属のデカールにはマルボロがないでしょ。やっぱマルボロっすよ。

 

マスキングテープ
リア部分の赤い部分を塗るためのマスキングが付属しています。これでH3(レッド光沢)を塗れと書いています。最初からマスキングがついているのはありがたい。塗ったところとデカールでは、やっぱり色が違うので、結局全部マスキングして塗るんです。両方のマスキングがあるとよかったのになぁ。

 

タイヤ
タイヤはバリバリです。頑張って削りまくる必要ありです。これはしょうがないんですかねぇ・・・。あと、タイヤの接地部分の形があまりよろしくないです。これは面倒だ・・。

 

と、まぁ何のレビューにもなってないですが、ある程度の感じがつかめるのではないかと思います。マクラーレン好きなら何も考えずにもう買ってるでしょうけど。

 

F40その後

ちんたらとF40作ってたら、マクラーレンでちゃいました。248F1もまだ手つかず・・。どんどん積まれていきます。これぞちまちまプラモ道!! 積んでしまったプラモはどうするか・・。倉庫に寝かせて老後の楽しみにするのです(爆 倉庫にはまだ未着手のプラモが眠っています。見ると、「うぁ、作ってないのばっか・・」って思っちゃうので忘れてることにしています。

F40ホイール 
F40のホイールはメッキなので、そのままでもいいのですが、中央の星形部分はフラットなアルミなんですよね。フラットアルミを塗装するのも面倒というかメッキの上の塗装ってうまくのらないので、つや消しクリアで誤魔化しました。ちょっと吹きすぎて白化しちゃったけど、まぁOKでしょ。

posted by bow (DogRun) at 23:12| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

お湯まるくん

ミドリ電気でまたプラモ備品購入。スーパーと電気屋が同じ建物にあるので、食品を買いにいくついでに寄ってしまう。サフ類は全部希釈済にしちゃったので新たに購入。新しいのはフタがプラになってるね。その他、何となくキャップを開けるツールや、メタリック系の塗料など。

購入品
一番右のスーパーファインシルバーはもう廃盤。しかし1個500円の塗料て・・高いなぁ〜。大事に使おう。

 

dr0702_02
近所の100円ショップなどでは発見できなかったので、楽天で購入。3個から送料無料(メール便)だったので3個購入。
ここから購入しました(楽天)。

 

乾燥用
小さいパーツでメガネクリップだけで充分だけど、乾燥ブースに置くときにメガネクリップだけだと不安定。なので、小さいパーツでも洗濯ばさみも取り付けて乾燥ブースに置いてました。そうすると、小さいパーツだらけですぐに乾燥パーツが埋まってしまう。

そこで思いついたのが、空中を活用する。100円ショップのソフトハリガネを波状に曲げてメガネクリップをとおし、それを乾燥ブースの網に吊す。

 

適当に吊ってみた
はい、できあがり。波状にしているのは、パーツ同士が動いてくっつかないように。まぁまぁ、使えるかな・・・。塗装したあとにハリガネに通すのが面倒くさいww

posted by bow (DogRun) at 16:31| 兵庫 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

1/24 タミヤ Ferrari F40 その3 (サフ吹き 1回目)

 

下地処理
パーティングラインやらウェルドラインやらを1500番->2000番で削ってキレイキレイにしておく。サフ吹いたら目立たなくなるので小さい傷は無視。

 

面倒だ・・・  
よーく見ると、矢印の部分。パーツではクリアパーツになってるんだけど・・。マスキングして塗装しないとダメっぽい。面倒くさい・・。

 

とりあえずサフ
マスキングして白サフを吹いておきました。マスキングの上からゾルも塗ってるのは、マスキングの境目から塗料がしみこんでこないように保険です。

 

シャーシも塗り分け
シャシーは、レッド、ブラック、シルバーで塗り分ける必要があるので、レッド部分をマスキング。赤吹いて黒が理想なんだろうけど、次はいろいろとあって黒から吹く予定。赤はボディ吹く時にまとめて吹きます。

 

サフ吹き完了
サフ吹き完了。赤で塗るパーツは、白サフをベース。その他のパーツはグレーサフを吹きました。グレーサフは適当に。ちゃんと元の位置になんとか納まりました・・。次はブラックをぶわーーーと吹いて、エンジンとかをシルバーでブワーーっと吹いて、ボディをブワーーーっと吹いて、ボディ乾燥中に組立て開始!! って感じの手順で進もうと思っています。

 

塗料びん
最近よく買う塗料ビン。ホームセンターで購入します。左が100mlで右が50ml。瓶サフだと40mlなので、100mlの容器に入れて希釈するといい感じです。汚れも取れやすくて使いやすいです。お気に入り。50mlの小さい方は目盛りがない。

 

最近買った物

ランバラルセット
1/35 U.C.ハードグラフ ジオン公国軍 ランバ・ラル独立遊撃セット  を購入。ジオラマを作る気は全くといってなし・・多分。このキットには、ザクヘッド(ザクの頭部のみ)が入っている。もちろん1/35。これが欲しくて購入。

 

ザクヘッドのパーツ
ザクヘッドのパーツ。しょぼいフィギュアと、モナカのザクヘッドが入ってるくらいかな・・・なんて思ってたらびっくり。Ver2.0のザクくらいの箱で届いた。中みたら、精密!! バンダイ恐るべし!! こりゃ〜作るのも楽しいぞ。1/100くらいだと苦痛な動力パイプも1個1個が大粒なので作業しやすそうww

 

エアブラシと比較
エアブラシを横に置いてみました。ザクの頭の大きさがわかりますでしょうか? ソフトボールよりちょっと小さめくらいの大きさになります。バンダイらしく、接着剤不要なので色々遊べそう。ヘッドだけをシリーズ化してくれると楽しいのに・・。

この ザクヘッド フェスティバル を見て、俺もヘッドだけ欲しい・・って思って購入しました。上手な人が作るとほんと格好いいですねぇ。羨ましい。

いつ着手するか謎なプラモデルですww

 

完成図
完成すると、こんな感じ。ランバラルとハモンや、バイク、ザクマシンガンの薬莢なんかもちゃんと入っています。しかも、ちゃんと多色成形で入っています。色プラっす。

 

恐るべし色プラ
フィギュアもちゃんと色プラになっていて、そのまま組立てても、写真のようになるという・・。恐るべしバンダイ、恐るべし色プラ。

作るものなくなったら作ろうと思います。

 

そうえいば、知らない間にPrototypeとかARMA2とか発売されてた・・。
ARMA2はSteamで買っとこうかなぁ。ARMA1でもそうでしたが、最初はパッチ当てないとグダグダなのが定番なので、もう少し様子見かなぁ。

posted by bow (DogRun) at 16:50| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

クレオス Mr.スーパーブースのハニカムフィルターについて

Mr.スーパーブース のハニカムフィルターでちょっと思いついたのでメモ書き。

塗装ブースを使ったことがない人が見ると、なんで塗料を吸い込みたいのに段ボールのメッシュみたいなもので蓋をしてるんだ?って思うかもしれない。使ってみるとわかるんですが、塗料を吹いた時に、まず最初にハニカムフィルターが塗料を受けます。ハニカムフィルターが受けきれない塗料は、ファンの前にあるペーパーフィルターが受けるという仕組みになっています。一度ハニカムに塗料を当てることで塗料が舞うのを抑えてくれるというものなんです。

が、ハニカムフィルターをつけると若干吸引力が落ちてる気もしないでもない。

ハニカムフィルター 
Dの位置の裏にファンがあるので、基本はDの位置で吹くのが望ましい(一番吸引力がある)。あとは、吸いが悪い感じ。Dを除く@、A、B、C、Eは、吸いが悪い。D以外に塗料のミストが飛んでいった場合、座れずにブースから出ていくこともある。
ならばハニカムを外せばいいのではないか?と思うんだけど、ハニカムは塗料をビシャーーっと吹く時にあったほうがいい。塗料をハニカムが吸ってくれるので塗料が舞うのをかなり防いでくれる。

じゃ〜どうしようって考えたのが・・。

1/3ハニカム 
(写真は無理やりの合成です。って見ればわかるかww)

実践はしていません。ハニカムを1/3ずつ縦割にカットします。@-C、A-D、B-Eとわけます。その1つを中心にセット。ここだけで塗料を吹くようにします。こうすれば、少しは隅っこにいった塗料を吸ってくれるようになるのではないかと・・。

また、ハニカムの有効活用にもなりますしね。今は、Dばかり汚れるので、上下ひっくり返したり、裏表を入れ替えたりしていますが、これだと裏表・上下を使い回すと12回使えることになります。実売400円程度のフィルターを使い回すな・・・って感じもしますが、毎日塗装やってる人なんて結構バカにならないんじゃないでしょうか。

現在のフィルターが汚れたら半分に割って、ひっくりかえして使おうか・・・なんて思ってましたが、1/3ハニカムにチャレンジしてみたいと思います。1/3ハニカムで使ってる人いるのかな?いたら感想教えて・・。

posted by bow (DogRun) at 18:13| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/24 タミヤ Ferrari F40 その2 (下準備)

さて、簡単なボディチェック&水洗いを終えたので、説明書を読みながら先に接着できるところは接着してしまって下地処理を行うための準備です。チマチマモデラーならではの進行の遅さ。

朝、早起きしてせっせと下地処理の準備。

乾燥ブース 1F
ボディに塗装用のステーを取付けます(100円ショップのやわらかいハリガネと、タバコの空き箱ですww)。あとは、ひたすら目玉クリップにとめていく作業です。もちろん、パーツカット後のゲート処理も済ませておきます。

ボディはボンネットの左右にウエルドラインが2本来ていたので、1500番、2000番のペーパーで消しました。あとは、リアウイングの中心も少しペーパーがけ。あとは、全体に軽くペーパーがけして終了(見えるところだけ)。

 

乾燥ブース 2F
乾燥ブースの2Fです。今は、乾燥ブースは2階建てにして使うことが多いです。大物パーツが1Fで、小物が2Fって感じで使っています。3枚仕切りが入っていますが、3枚入れると1つのフロアの間隔がせまくなりすぎて、塗ったあとにパーツを入れようとした時に苦労します。2階で使うのが今のところベストかなぁ。

1Fと2Fのパーツで、約9.5割のパーツです。
並んでないのは、

  • 一部のメッキパーツ
  • フロントウィンドウ以外のクリアパーツ
  • タイヤ&ホイール

です。それら以外は、全部乾燥ブースに閉じ込めました。カーモデルって、フルディスプレイモデルでも1/24くらいだと1回で乾燥ブースに入るので楽ですね。最近のガンプラとかMGぐらいになると、1回で入りきらないでしょうねぇ。あ、そういえばシャアザク・・・・(爆

こんだけ詰め込むと、サフ塗ったあとに元の位置に戻さないと戻しきれなくなる可能性あり・・。

久々にAmazonで買い物しました。
ガンプラを買いました。届いたら、ブログにも載せますね。恐らく、作らないだろうなぁ・・・なんて思っていますが・・・(何故買うww)。

次回は、サフを吹いて塗装の下地作りです。

posted by bow (DogRun) at 13:55| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。