2011年04月29日

BUFFALO レコーダー機能搭載 TV用地デジチューナー 500G DTV-H500R を購入

普段はあまりTVを観ませんし、録画してまで観たいって思うTVもないというか、観れなかったら観れなかったでいいか・・・ぐらいの感じだったのですが、なんとなく録画出来たら録画できたで使うかも・・・って曖昧な動機で購入。欲もそれほどないので、地デジを録画できればいい。という最低限の機能があればOK。そんな用途にうってつけなのが、バッファローのレコーダーです。

 
この商品の目的は地デジチューナー。地デジ非対応のTVに接続することで地デジが観られるようになるという商品。しかも、録画も出来る。でも、地デジ対応のTVに接続してももちろんOK。地デジの録画が出来ます。HDDの容量で3種類あります。私は一番小さい500GBのを買いました。

目安として、地デジ番組の録画の場合、500G で 60時間 録画できるようです。


パッケージ
Sofmap系列やドンキホーテ だと 17000円代でした。Amazonの商品券も持っていたのでAmazonで購入。ちょうど購入する時にJoshinが最安だったのでJoshinで購入しました。

 

付属品
内容物一式(その他、説明書など)。説明書読むほど難しことは何もありません。TVとデッキ、TVとゲーム機器が接続できる方なら、配線するだけです。
TVアンテナケーブルと、HDMIケーブルは別売りです。

チューナー本体が、TVアンテナ分岐も兼ねているのでTVアンテナ線をTVとチューナーへと分岐させる必要はありません。TVアンテナを先にこのチューナーに接続し、チューナーの出力をTVに繋げばOKです。チューナー本体は電源を切っていても、TVは問題なく観れます。
いちおうアナログのオーディオケーブル(赤・白・黄色)は付属していますが、せっかくの地デジですので迷わずHDMIケーブルを買ってきて接続しました。

録画して、観る。最低限の機能ですが、十分です。うちのTVはAQUOSのやっすいやつですが、リモコンのファミリンクにはもちろん対応していませんのでHDDレコーダーの操作はHDDレコーダーに付属のリモコンで操作する必要があります。TVも設定さえしてしまえば、HDDレコーダーに付属のリモコンでTVとHDDレコーダーの両方を操作することができます。リモコンが増えると面倒って方にも安心設計。

 

小さい本体
世界最小!! なんて書いてるだけあってチューナー本体は小さい。TVの下にチョコンと置いておけます。

とりあえず番組を予約録画してみましたが、普通に使えます。今までVHSのビデオデッキ世代だったもので便利だな〜って感じです。たま〜〜に録画するくらいなので、これで十分です。

レコーダーによくあるCMカット機能とか、追いかけ再生とか、W録画、ムーブ(他の媒体で鑑賞する)とかそういう機能は一切ありません。そういう機能が必要な方は、もう少し投資した方がいいですね。私のように、ちょっとした録画には最適だと思います。

HDD容量が不足した際はUSB接続で外付けHDDを接続することが可能です。チューナーの中のHDDも単なる2.5インチ HDDなので、チューナーを分解して交換し、チューナーのメニューから初期化してしまえば使えるようです(分解は自己責任で)。でも、うちの場合500Gも使わないだろうなぁ・・。

次TVを買う時は、TV自体にUSB HDDが接続できるタイプを買おうと思います。たぶん、それが一番スマートだわ。

  AQUOS が 2011年6月に WiFi AQUOSとして無線接続の液晶TVを発売するようです。チューナーだけ固定で、あとは無線。TVのわずらわしい配線がいらないのです。画期的ですねぇ。電源も、バッテリーを搭載しているので2時間まではコンセントを接続しなくても観れるそうです。配線がないTVはスッキリしていて気持ちいいでしょうね!! 前回のディスプレイアームの所でも書いたのですが、今の家電やPCは配線が多すぎて困ります。いろいろ無線化されているけど、電源をどうやって取るのかが今後の課題でしょうね。最近の携帯やスマートフォンのように非接触型充電の機能等を使って壁掛け部分から電源取るとか、そういう仕組みにしないと電源ケーブルだけは必須のままってことになりそうです。

posted by bow (DogRun) at 00:45| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/198272864
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。