2009年05月20日

タミヤ スプレーワーク ベーシックエアブラシ

前回買った タミヤ スプレーワーク ベーシックエアブラシ が届いたので早速使ってみた。

私はヤフオクで落としたので、

タミヤ スプレーワーク ベーシックエアーブラシ 2,450円(税込)
タミヤ エアーブラシ塗料カップ 17cc 250円 を2個

送料700円だったので、合計で3,650円でした。近くに売ってる店あるなら、近所で買うべし。送料考えたら、定価で買ってもいいぐらいの値段。

結構、この手の商品って検索してもショップばかりひっかかる。
と、いうわけで安物買いの銭失いを地でいくDogRunが簡単にレビューしたいと思います。

 

タミヤ スプレーワーク ベーシックエアブラシ 
もともとは、スプレーワーク ベーシックコンプレッサーセットに付属のエアーブラシ。タミヤのアフターサポートでのみ購入可能だったのですが、単品販売も開始したという商品です。定価が3,465円(税込)で、定価の時点で激安い。はたして、この価格のエアーブラシは使い物になるのか?

さすがに、ベーシックという名前だけあって構造は単純。しかもABSパーツが多い。でも、思ったより重量がある。重要部分は金属製なのでこれでも全く問題ない。

【仕様】

  • シングルアクションタイプ(エアーでっぱなし)
  • トリガーアクション(塗料の量を調整)
  • 塗料カップはネジ込み式。
  • ニードルあり(調整も可能)
  • エアー接続口は、タミヤ独自。タミヤ製品とは接続できるけど、アダプタが必要な機種もあるので要注意
  • 塗料カップ 17cc 1個と、ノズルレンチ付属
  • 本体はモナカ構造になっていて、全て分解も可能(取説に分解手順も書いてあります)
  • 別売りで1/8Sにするアダプタあり (★結構必須オプション)
  • 別売りで40ccの塗料カップあり

と、いった感じ。注意はやはりエアー接続口が独自規格になっていること。最初、クイックプラグをはめようとしてあれ?って悩んでしまった・・。すぐさまタミヤのオンラインショップから1/8Sへの変換アダプタを購入(定価だけど送料が80円だったのでタミヤで買った)。変換アダプタ来るまで使えないのも何だな〜と少し無理やりクイックプラグを接続したのが上の図。先だけ無理やりはめてる(笑。よい子はマネしないようにエアー接続口はABSなのでネジ山がすぐに壊れます。ネジ山を後で修復するのを前提で無理やりねじ込んだのです。

とりあえずクイックプラグ化完了。

 

塗料カップの接続口
塗料カップはPPでカメラフィルムが入っているケースのような感じ。フタも付いています。接続口はプラじゃない。これは洗浄する面でとても大きいです。締め付ける際にキツク閉めすぎると茶色いパッキンがつぶれてしまうのであたりがあってから少し軽く締め付ける程度でOK。

 

ニードルあり
ちゃんとニードルありです。安いエアブラシの種類でニードルなし(プロスプレーの類)もあるけど、やはりニードルがあった方が塗料の出る量を細かく調整できる。このベーシックエアブラシは基本構造は、一般のエアブラシと同じ構造。プロスプレーのように、細く吹いたり太く吹いたりするのに詳細な調整がいらない。今使っているブラシと同様にニードルの位置調整だけで済む。

 

塗料カップ差し込み口
塗料カップを差し込む部分も金属で出来ているのでグラつきなどもない。ここだけは、ABS使ったらいかん!! ってところは金属になっているので、強度的にも全く問題ないように思える。精度もヤフオクとかに大量に出回っているエアブラシよりいい。上の丸いタイヤのようなパーツは、ニードルを保持するネジ。これをゆるめるとニードルが抜ける。一般のブラシでは、後部に付いてる物が多い。

 

ニードルの開度調整
ベーシックだろうが、ちゃんとニードルの開度調整が可能。上の赤いのをスライドさせることで、トリガーの引きしろが調整される。今は、全開になっているところ。ベーシックだって、細吹きできるのだ。

 

無理やり
無理やりねじ込んだっす。ちょっと斜めに曲がってます。この状態だと、MAX0.15Mpaまでしかあがらない。でも、吹くには問題ないです。ちゃんとしたい人は、1/8Sアダプタを買いましょう。私も、一応注文したので届いたらまたブログに書きます。
最近、このベーシックエラブラシを売っている店を良くみかけるけど、1/8S変換アダプタも一緒に売っておいて欲しいなぁと思う。またはセットで売ってるともっと売れると思うんだけど。

 

ブラシホルダー 
ベーシックエアブラシは、形状が独特なのでブラシホルダーに入らない。なので、一部をタミヤ カッターのこで切断。なんとなく買っておいたカッターのこだけど、こんな時に活躍するとは・・。

 

こんな感じ
載せてみるとこんな感じ。ちょっと傾いてるけど、塗料カップが大きいのでこぼれないからOK。

 

サフ吹いた
で、全体ではないですが、一部補修したりした部分(ドア回り)にサフ(グレー1200)を拭いてみました。ベーシックエアブラシを購入した目的は、サフ、クリアー、メタリック等のメインのブラシで拭きたくない種類のものです。とりあえずサフは何の問題もなく吹けました。吹いた感じもほんの気持ち塗料調節がおおざっぱ感はあるものの目的からして充分です。メインのブラシが10段階調整であるとすれば、ベーシックエアブラシは、6段階ぐらいの調整幅って感じでしょうか。

そして、洗浄ですが、これも一般のブラシと同じでウガイすればOK。
塗料カップは想像以上に汚れが落ちやすい。これは結構楽かもしれない。カップは簡単に交換が可能なので、用途事に持っておけばそれほど神経質に洗う必要もないのかもしれない。クリア(ウレタン系とか)拭いてないから何とも言えないけど、このブラシ使えますぜ。

私のように2本目、3本目のブラシとして、しかもサフやクリアのようにおおざっぱに塗る目的が主であるなら多いに活躍することでしょう。うちでも大活躍間違いなしです。ダブルアクションに慣れているので、常にエアーでっぱなしなのがちょっと気になるっちゃー気になりますが、慣れれば何ともないでしょう。

これで、実売3000円くらいなんだから・・・・タミヤさん GJ!!

 

dr0519_11
タバコの空き箱をT字にして先端に両面テープを張り、ボディのルーフに貼り付けて塗装をしていたのですが、そうするとルーフが塗れない(当たり前ww)。箱物は、ドア部分は別パーツが来るのでドア部分で保持するようにハリガネをマスキングテープでドア部分に貼り付けることで保持するようにしました。こうすれば、天上も一緒に塗れちゃう。オススメ。 どうやったら楽して塗装できるか・・・ってのを、模型作ってる人のブログなどみて勉強してるのですが、皆さん色々アイデアだして頑張っていますねぇ。おいしいワザは盗まないと。
あと、ホイールの塗装ですが、今まではランナーについたまま塗装(裏なんてどうせ見えないから)するか、軸の部分を保持したりしていたのですが、タイヤが被さる面にくるりとマスキングテープを巻いてマスキングテープを保持する(洗濯バサミなどで)という方法を使っていた人がいました。これは・・いい。一発で表も裏も塗れる。なんか、色々方法があってオモロイですなぁ。普通に考えたら、見えない部分を保持して塗装するのが常識なんですが、ホイールの場合丸いので保持できない・・・なんて思っちゃうんですよね・・。

 

希釈サフ
缶サフがなくなったので、遂に瓶サフへ移行。絶対、瓶サフのが沢山使えるし安い。でも、ほんのちょっとだけサッっと吹きたい時(私はチマチマモデラーなので1カ所だけサフ吹きたい時が多用にあるw)は缶サフが便利なんですよねぇ。小さいサフ買っておこうかなぁ。

まぁ、チマチマモデラーなのは組立ての順番と塗装の順番がめちゃくちゃだからであって、決して道具のせいにしてはいけないのである。最近、ブラシの洗浄も慣れてきたのであまり時間とられなくなったし。

 

と、いうわけで タミヤ スプレーワーク ベーシックエアブラシ の総評は、

  • 専用ブラシが欲しいけど予算が少ない
  • とりあえずブワーっと吹けるブラシが欲しい
  • ヤフオクのブラシを実はこっそり狙ってた
  • もっと手荒にブラシを扱いたい

という方にオススメです!! YouTubeでも、プロモデラーがホワイト吹くのに使ってたよ。
迷彩塗装しようとか、そういう細かいのはちゃんとしたブラシ買ったほうが成功率高いと思います。ベーシックエアブラシでも出来ないことはない。でも、苦労すると思います。
私は買って大満足です。0.5のブラシ買おうか悩んだけど、当面はベーシックエアブラシで充分です。

注意は、1/8Sではないので別途アダプターを購入しましょう。5~600円です(高いw。私のようにクイックプラグを持っている人はエア圧が若干落ちてもいいなら無理やりネジ込みでも使えます(私の環境で常時0.1Mpaはでますので実質問題はないと思います)。私はなんとなく気持ち悪いのでアダプタだけ別途購入しました。

さぁ!! 予算の少ない子羊たちよ!! 私と一緒にベーシックエアブラシを使おうではないか!!

posted by bow (DogRun) at 00:47| 兵庫 | Comment(8) | TrackBack(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ベーシックエアブラシを購入しようと考えているんですが35分の1戦車の迷彩は描けますか?
エアブラシは初めてです
Posted by あい at 2010年08月20日 23:24
あいさん

 迷彩の密度にもよると思うのですが、大雑把には描けるますよ。精密な迷彩が描きたい場合は、やっぱりちゃんとしたハンドピースを購入されるのがいいと思います。
 ベーシックエアブラシは価格が安いので、持ってても損はないと思います。
Posted by dogrun at 2010年08月25日 14:20
こんにちは
すみません超初心者で教えていただいきたいのですが、
このベーシックエアブラシ+ベーシックエアブラシ用接続ジョイント74536で4mmの耐圧ホースを接続したいのですが、クイックプラグはどこのどの品番の物を使えば良いのでしょうか?
よろしくおご指導のほどお願いいたします
Posted by しん at 2012年10月03日 18:26
しんさん こんにちは。
お返事が超遅くなってすみません。


私のブログの5月22日の記事
(http://dogrungames.seesaa.net/article/119996917.html)
にあるように接続できればOKってことですよね?

それならエアテックスのエアーコントロールジョイント(クイックジョイント3個付き)を購入すればOKです。

クイックジョイントの記事も過去にあります。
(http://dogrungames.seesaa.net/article/118033338.html)

クイックジョイントにしておくて楽チンですよ〜。

Posted by dogrun at 2012年11月01日 18:35
はじめまして。

大変に参考になりました。
メタリック塗料用に、このエアーブラシを購入しようと思います。

「クリアーもメインのエアーブラシでは拭きたくない。」とのコメントがありましたが、クリアー専用のエアーブラシも持っているほうが賢明でしょうか?
教えてください。
Posted by 宮下 雅彦 at 2013年04月18日 03:06
コメントありがとうございます。

サフ、クリアー、メタリック系は、ブラシの洗浄を
丁寧にやらないと残ってしまいますので、できれば
別ブラシでって感覚です。

毎回丁寧に洗浄されているなら、特に何本も持つ
必要はないかと思いますよ。

安いブラシなので、専用で持っておくと洗浄が手抜き
できるなぁ〜くらいの感覚ですw
Posted by dogrun at 2013年04月20日 13:58
はじめまして。

ベーシックエアブラシの使い方ヒントを探していたら辿り着きました♪

とても丁寧なレビューで大変参考になりました。助かりました。
ありがとうございました。

エアブラシ塗装初心者で恥ずかしながら知識ばかり先行してまして…なんとなくサフだけは別のエアブラシ(クレオスのプロコンセットがあります。新品同様ですが^^;)が欲しい感覚があり、某YCのショップ店員に相談したらこれを薦められました。

で、使ってみようと思ったのですが要領を得ず、ここに至った訳です。

ご教授いただいたとおり、サフ用として気楽に使っていこうと思います。
また、クリアをこのブラシでふけば良いのは盲点でした。

今度チャレンジしてみようと思います。

以上、長文お付き合いいただき、ありがとうございました。
また参考になる記事、楽しみにしています。


Posted by ホロリ at 2013年09月05日 20:06
ホロリさん:

 わざわざコメントを残してくれてありがとう。
 こんなブログでも人様のお役に立つことがあるというのがわかっただけでも嬉しい限りです。

 楽しい模型ライフを送ってください!!
Posted by dogrun at 2013年09月18日 01:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。