2012年07月28日

CANON PIXUS MG6230 を購入 (雑感)

前に使っていたCanon PIXUS MP640が、突然のB200エラーで動作しなくなりました。色々試してみましたが、B200エラーは消えず。Canonに修理を出せば9,450円(税込)+送料 で修理ができるようですが、往復送料を考えると1万円以上かかります。しかも、毎日仕事で使っているので修理している暇もなく、買い換えしました。近所のヤマダ電機で購入。プリンタだけはいつも近所の電気屋さんで買ってます。

普段、買い物はインターネットで買うことが多いです。お店で買って持ち帰るのは、なんか新鮮。ワクワク感があっていいですよね。最近のプリンターはどれも複合機なので箱が大きく重いです。

前回のMP640から世代も離れていないため、特に目新しい感はなし。 ハード的なインターフェース(ボタンとか液晶とか)が進化したかなってぐらいです。
その他大きな変更点は、インクが5色から6色になりました(グレーが追加)。あと、プリンタのボディが3色(ブラック、ホワイト、ブロンズ)から選べるようになりました。
MP640ではシルバーを選びましたが、今回はブラックをチョイス。

MP640も環境設定は簡単でしたが、MG6230ではさらに簡単です。液晶画面も綺麗で見易い。ボタンはタッチ式で押してる感覚もなく反応するので最初は戸惑いますが、慣れたら平気。この辺は、とてもいいと思います。パソコンの設定がご自身で出来る方なら、基本的に説明書を読む必要がないです。

 

MP640からグレーのインクが増えて6色になっています。白黒印刷時や、陰影がある物を印刷する際にグレーがあると綺麗に印刷できるとのこと。写真を印刷しない人なので効果を確認できるのかは謎です。

暫く使ってみた感じでは、若干インクの減りがMP640と比較して早いかなと感じます。基本的には、書類の印刷がメインなので黒が減りがちかと思いきや、何故かグレーが異様に減っているという・・・。どうしたものか・・・。もう暫く様子を見てみましょう。

印刷速度・レスポンスに関してはMP640と大差なしといった感じです。WiFi接続ですが、印刷時のレスポンスはMG6230の方が若干速いかなと思えるぐらいの差ですが、MG6230は暫く放置してから最初の印刷時のウォームアップが長い。一度電源を落としてしまうと、起動も時間がかかる(起動自体はすぐに終了しますが、印刷開始までのウォームアップが長い)ので電源は入れっぱなしです。

もうプリンターは、熟成された感じがします。新しいのを買ってもこれといった機能差を感じません。
それよりも、年々インクの量が減り、インク使用量が増加し、プリンター本体の品質が低下していっている気がしないでもありません。コストをおさえて大量生産し、プリンター本体の価格を抑えてくれるのはとても有り難いのですが、その後の運用時のパフォーマンスがよろしくないというのが最近のプリンターの傾向かなと思います。

  • 文書印刷がメイン
  • たまにコピーも取りたい
  • たまに写真も印刷することがある
  • 1年に1回の年賀状も印刷したい

のような用途の場合、コストパフォーマンスが高い複合機は現状ないと思われます。各社の傾向を調査していると、EPSONはプリンター本体の品質(印刷のかすれ、紙詰まり系)に問題を発し、Canonはインク使用量の問題 があるように見受けられます。どっちもどっちといった状況。あとは、デザインや色などで決めるしかありません。

 

使ったことがないので詳細はわかりませんが、上記の用途で購入の第一候補にあがったプリンターがあります。EPSONでもCanonでもありません。ブラザー工業です。ブラザー工業といえばミシンをイメージしてしまいますが、プリンターも作っています。しかも、結構通好みなプリンターを。

 

 

写真を印刷する場合、発色が独特なようなので写真メインの人にはちょっと設定に一手間がいるようですが、運用時のコストパフォーマンスは今のところ一番よさそうです。ブラザーのMyMioシリーズがいいなと感じたのは、基本的に運用パフォーマンスがよさそうなのと、下記のタダプリントと言われる大容量替えインクを使用することでさらにコストパフォーマンスがUPする点です。インクが本体より飛び出してしまうため見た目がよろしくないのが難点ですが、プリンターなんて人に見せるものでもありませんので全然OKでしょう。

 

大半の方は、EPSONかCanon製を購入すると思います。DogRun Gamesとしては是非ともブラザー工業製を購入したかった。購入するつもりでした。そして、コストパフォーマンス最高ですよ・・・ってブログ記事を書く予定でした。が・・・、このMyMioは、手差し印刷機能がなかったのです・・・。仕事でヤマトのB2伝票を印刷するのですが、その際には手差し印刷は必須なんです。MyMioは、A4用氏とL判にしか対応していません。B2伝票が印刷できない・・・。それでは仕事に使えません。残念。非常に残念。手差し印刷さえついていれば・・・私のような用途であればMyMioに決定でした。私はB2伝票の印刷を最優先としたため、MG6230に落ち着いたわけですが、皆さんがB2伝票を印刷するわけではありませんので、私の用途と似たような感じの方にはオススメです。

プリンターは毎日使うと、2年ぐらいで壊れることを前提で使うしかないですね。元が安いので、まぁしょうがないかなとは思いますが・・。ブラザー工業さん、次期MyMioシリーズには是非とも手差し印刷機能を復活させてください。2年後くらいに、購入しますので(笑

追記: 初インク切れ (2012年8月18日 追記)

購入したのが7月7日ですから、1ヶ月ちょっとでインクが切れました。今までプリンターを使ってきて最低でも2ケ月はもっていただけにインクの減りは早いと感じてしまいましう。基本は文章の印刷がメインですので黒が先に切れると予想していたのですが、意外にもグレーとマゼンダが同時に切れました。印刷品質を「速い」に設定してインク消費量を抑える設定をしての結果ですので、印刷品質を標準にしている場合はもっと早く切れるようになるかと思います。

このままでは毎月インク交換をしないといけません。禁断のリサイクルインクに手を出してしまうことになるのでしょうか・・。ブラザーのMyMioも買おうかな・・・って気もしてきました。運用コストも考えたら、その方が幸せになれる気がしてきました。もう一巡インクが減るまで使いこんで検討したいと思います。

posted by bow (DogRun) at 03:39| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。