2011年11月26日

Microsoft Arc Keyboard & ELECOM LACIE minimus USB3.0 外付HDDを購入 (雑感)

表題のとおり、Microsoft Arc KeyboardとELECOM LACIE USB3.0対応 外付HDDを購入しました。使用回数はまだ少ないですが、いつも通りにサラッっと紹介レベルで。

仕事関係の環境まわりもWindows7に対応したので、そろそろメインPCをWindows7 64bit環境に移行したいと考えていました。ポツポツとパーツ集めは行っていたのですが、先日ようやく組みあがりました。

Microsoft Arc Keyboard

サブPCは、リビングに置くことにしました。リビングだとPC本体が邪魔なのでマウスとキーボードはワイヤレスがいいなぁと。また、リビングに置くと妻が使う機会の方が多いので、妻に好きなキーボードを選んでもらいました。選んだのはArc Keyboardでした。デザインも可愛いし、コンパクトということで購入しました。

新PCを組むのはいいけど、時期が悪かった。タイの洪水の影響でHDDが爆値上がり・・・。内臓HDDは、少し前にNASを構築したときに買ったHDDを流用しました。あまりNASも使ってなかったし・・・。バックアップはNASにとっていたのですが、今回外付けHDDにバックアップを取ることにしました。あわよくば、HDDのガワだけ分解して中のHDDを内臓HDDとして使用したろかなとか思ったり。内臓HDDより外付けHDDの方が安いという逆転現象。最近は内臓HDDも少し値が下がってきたようです。来年になれば、もう少し落ち着くことでしょうね。

 

Microsoft Arc keyboard
本体が白でキーボードの文字と、キーボードの裏が黄緑色。カラーラインナップは、黒もあります。

 

Arc構造
Microsoftが大好きなエルゴノミクスキーボードです。キーボード中央がふっくらと盛り上がっています。これにより自然な手の配置が可能になります。確かに手を置いたときになんか感触がいい・・・気がする(笑

 

ファンクションキー
ノートPCを持っている方なら慣れてるかと思いますが、コンパクトタイプのキーボードのためキー数に制約が出ます。それを補うためにFnキーが付いてあり、そのキーと同時押しすることで有効になるキーがいくつかあります。
ファンクションキーはF7〜F12はFnキーと一緒に押さなければいけません。

 d111125_04
また、カーソルキーがゲームパッドみたいに一体型になっていて押しにくいので注意が必要です。カーソルキーの左にあるのがFnキー。右側に1個だけ付いています。ファンクションキー、テンキー、カーソルキーを頻繁に使うような方は、普通の振るサイズのキーボードをおすすめします。

 裏側
裏側は電池ケースと、2.4G ワイヤレスアダプターの保管スペースになっています。まだ使って間もないので電池の持ちについては不明です。公式では1年半となっているようです。単4x2個でそれだけ持てば充分でしょう。

 

ソフトケース
コンパクトサイズなので持ち運びも意識してるのでしょうかね。ソフトケースが付属しています。

雑感

とてもコンパクトで軽く、無線仕様でも快適に入力が可能です。高速に入力しても遅延なんてものはまったく感じません。コンパクトであるが故のキー数の少なさが妥協できる使い方をされている方にはオススメのキーボードです。音量のUP/DOWN/MUTEキーもついていて便利です。カーソルキーだけはキーが少し固め(重め)になっており、慣れが若干必要かなと思います。
ワイヤレスキーボードにして机の上の配線を0にしたい!! と思っている方にはオススメですよ!!

メーカーHomepage: マイクロソフト アーク キーボード

Arcシリーズは、マウスもあります。マウスは以前、ワイヤレスマウスを購入済なので、今回は購入していません。

ELECOM LACIE minimus

ELECOM LACIE minimus USB3.0対応 外付HDDを購入しました。2.0TBタイプを購入しました。USB3.0対応で2.0TBサイズでは安い部類に入るHDDです。USB2.0タイプやUSB3.0タイプといろいろありますが、現存するHDDの読み書きはUSB2.0の転送速度より低いので、HDDとしてはUSB2.0でもUSB3.0でも大差ありません。でも、気持ちUSB3.0対応の方がいいなぁって感じでしょうか。新しい物好きですしねw

概観
このワイルドな外観がいいなと思って購入しました。余計な箱のデザインがなく、無垢のアルミ素材って感じで格好いいです。ちなみに、この外版はHDDの熱の放射板の役目もしますので本体は熱くなります。冬は、手が冷たくなったらLACIEを触って暖めましょうw

 

表面
機械好きの男子にうけそうな感じの表面処理です。ヘアーライン入りの表面処理。いいですねぇ。電源が入っていないとひやっこいのですが、使い出すとポッカポカになります。今は寒いからいいけど、夏は大丈夫かな・・・ちと心配。

 

シンプルすぎる
裏側です。電源ボタン、USB3.0 micro-B接続口、電源接続口、ランプだけ。正面はLACIEって彫りがあるだけで本当にシンプル。このシンプルさがいい。アクセスランプは後方部にある。

 

付属品
付属品。USB3.0ケーブル、電源アダプター。この電源アダプターはとて軽い。見た目よりもぜんぜん軽くていい。

 

ACアダプター
ACアダプター本体は汎用タイプ。海外用には別のアダプターが付属しているのでしょう。最初は自分で組み立て(取り付けるだけ・・・)します。

購入時は、フォーマットされておらずフォーマットをするためのソフトがインストールされた状態になっています。自分でフォーマットはパーティションを切れない人は最初からインストールされているソフトを使うといいと思います。私はバックアップ用に使いますので2.0TBを1パーティションとして作成しました。

内臓のHDDは、Seagate製 ST2000DL001 が入っていました。SATA600,5900回転のハードディスクです。メインPCに使っているのがSeagate製 ST2000DL003 でした。仕様はほぼ同じで、CrystalDiskMarkで計測してもほぼ同じくらいのスピードが出ます。USBドライブって遅いってイメージでしたが、速度的には充分ですね。

訂正:

Windows7 PCに接続して使っていますが、電源OFFやスリープにも対応しています。電源OFF時は、この外付けHDDの電源断を待ってからWindowsが終了するようになるのでほんの少しだけ終了が遅くなります。体感的に数秒程度の差です。

PC本体と電源は連動していないようです。切れる時もあれば、切れない時もありました。電源は手動でON/OFFが必要です。

さらに訂正: (2012/4/14追記)

価格.com から来られる方が多いようですので、追記しておきます。
Windowsとの連動についてですが、電源ON/OFFやスリープなどと連動しています。スリープから戻る時は、HDDが起動する音が必ずします。また、PCの電源をOFFにすると、HDDもOFFになっています。ただし、LEDランプは光ったままです。内部的にはOFFか、または休止状態になっているようです。

雑感

アクセスランプ

コンパクトな外付けとしては必要充分な機能を備えています。コストパフォーマンスが高い機種と言えると思います。HDD冷却ファン等がついた外付けケースと違い、ケース自体が放熱板の役目も兼ねているためケースが熱くなります。これは仕様どおりなので問題ありません。ただ、自然冷却のためファン付きよりも冷えにくいかと思います。冬はいいですが、夏場はHDDの温度は高くなりそうな気がします。夏になって温度の様子をみて、問題あるようであれば対策等考えたいと思います。

現状では問題はありません。静音ケースでもないためHDDのアクセス音は直で聞こえますので静かなPCを作っている方などは静音ケース入りのHDDを選択されたほうがいいかと思います。あと、私は机の下にPCケースを置いてあり、PCケースの天板の上にこの外付けHDDを置いて使っています。その場合、アクセスランプが後方にあるため、電源のON/OFFの確認がしにくいってのが難点ですかねぇ。つけっぱなしでもいいかと思うんですが、なんとなくケチくさく電源をON/OFFしてしまいます。基本的にバックアップの時しか使わないので、それ以外は電源を切っています。

フラストレーションフリーパッケージ
私はAmazonで購入しましたので、FFP(フラストレーションフリーパッケージ)です。かざりっけのないシンプルなダンボールのみでできた箱になっています。私は、こういうシンプルな箱の方が好みです。ブリスターパック(透明プラの硬いケース)が最も嫌い。硬くてあけにくくて無理にあけようとして手が切れそうになったこともあります。ブリスター入りってだけで買うか悩んでしまいます。

メインPC 組み立てました

まだ必要な環境が移行できていないのでメインPCとは呼べない状況ではありますが、Windows7 PCがようやく完成しました。HDDの高騰はタイミングが悪かったです。仕事にも使いますので、安定重視志向で。

Windows7 PC
PCを1から組んだのは久しぶりです。前回のPCはBTOパソコンをとっかえひっかえして使っていました(Core2Duoの時代に中身を総とっかえしました)。

仕様は以下のとおりです。

ケース: 


revIIってのもあって、revIIはフロント部分にもUSB3.0が来ています。今から買うならrevIIかな?でも価格差考えるとrevIIなしでも充分って気もします。

マザーボード:


ここんところマザーボードはASUSばかり。いろいろ冒険してみたい気持ちもあるけど、でもASUSを選んでしまいます。基本機能しかいらないので、一番下位のP8Z8-Vで。定格で使用するけどZ68をチョイス。将来的にいろいろ選択肢があった方がいいなと思ってZ68をチョイスしました。

CPU:


こちらも定番CPU。私の用途からするとCore i5 2500が最もコストパフォーマンスが高いのはわかっているのですが、 タスクマネージャーのパフォーマンス欄に8つのグラフが見たくて2600を選択しました。定格利用なので2600でもいいのですが、内臓GPUが2600Kの方が上位グレードになるので、2600Kをチョイス。将来的に多少のオーバークロックはするかもしれませんしね。

VGA:


サブPCには550TIを載せています。体感的に違いを感じるには560以上が必要。この560TIはお友達からメモリ16GBとあわせておやすく下取りさせてもらいました。ラッキーです。

メモリ:


上記の560TIとあわせて下取りしました。16GB搭載しています(4GBx4枚)

OS:


初の64bit OSです。これでメモリが大量に詰めるようになりました。8GBあれば十分だとは思いますが、16GB積んでると精神的に余裕(笑 多分、使い切ることはないでしょう・・。

HDD:


PCを組む頃になってHDD高騰になり思っていたHDD構成を断念。前の激安HDDを知っているだけに高騰後のHDDを買う気になれず Stora(NAS)に搭載していたHDDを抜き出して利用。安い時に買っていたHDD。NAS用だからってことで一番安いHDDをチョイスしました。本当はWD製のHDDがよかったのですが・・。HDDの値段が安定するまでの繋ぎ。

SSD:


新PCでは64bit OSを載せることと、このSSDを搭載しようと思っていました。SATA3.0対応です。私が購入したものは最初からファームが最新の009になっていました(CrystalDiskInfoで確認)。実測で480Mbps程でていました。私はOS用としてSSDを使っていますのでいい値が出ています。Wiindows7の起動自体もXPに比べると速くなっているのですが、SSDはアクセス音もしませんし、速いし快適そのものです。難点は価格が高いことですね。使っていくうちに、SSDもどんどん安く大容量化していくと思いますので、その都度移行していけばいいでしょう。

SSDにすると寿命を気にしてテンポラリフォルダとかドキュメントとかをSSD外に移動させる方がいますが、私はSSDはレスポンスを上げるために入れるのだから逆にテンポラリフォルダ等はSSD上にないと意味がないと思います。ファイルをダウンロードしたり、展開したりする場合はHDD上で行います。よく起動するソフトはSSDにインストールし、ゲームとかどうでもいいソフト、容量が大きいソフトはHDDにインストールするようにしています。

 

この構成で Windows エクスペリエンス インデックスは7.6でした。最高値は7.9だそうです。

Windows エクスペリエンス インデックス

メモリを1666Ghzのに変更して、CPUを4.0Ghzぐらいまでクロックアップし、VGAをGTX570にすれば、全部7.9になりそうな気がします。体感的には、現時点でもものすごく快適です。満足です。

上記をすべて合計(ケースは旧PCを流用。そのかわり旧PC移行用にZALMAN Z9plusを購入。前回のブログ記事参照)で、10万円でお釣りがくる感じです。これでまた5年くらいはがんばるかな(笑

前の環境を水冷PCにしてしまったので、新PCはファンの数が多くなったのもあり少し騒音が増した感じです。騒音対策を実施しないと。Intel純正の水冷キットが欲しくなってきました・・・。また、夏になる頃にいろいろ検討するとしますか。

posted by bow (DogRun) at 03:36| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

ZALMAN ATX ミドルタワーケース Z9 Plus を購入 (雑感)

Windows7を導入するにあたり、どうせならSandy Bridgeベースに移行しようということで現状のC2D環境を移行することにしました。既に水冷化など手を入れてあるので、それにあったPCケースを探しました。同じCM690IIPlusにすればいいのですが、サブPCにあまり投資したくない・・・。けど、そこそこよさげなケースをってので選んだのがZALMAN ATX ミドルタワーケース Z9 Plusです。ネットでもなかなか評価が高いケースだったのもあり選択してみました。

CM690IIPlusが12000円〜15000円程度なのに対し、Z9 Plusは5000円でお釣りがきます。PCケースを探していて、特にコダワリがないならもうZ9 Plusでいいんじゃないの?ってくらいコストパフォーマンスがいいと思います。もうZ9 Plusは色々紹介されているでしょうが、写真も踏まえてご紹介します。

外観
外観です。通常のミドルタワーサイズです。フロントパネルがZの形状になっているのが面白い。サイドパネルはメッシュ&クリアパネルで中が丸見えです。LEDファン(ブルー)が最初から3つ(フロント、サイド、トップ)ついています。 リアファンはLEDではありません。ファンは全てZALMANのファンになっています。過度なオーバクロックでもしない限り充分なファンの数です。普通にファンを4個買ったら5000円くらいになってしまうので、そう考えると本当に安い!!

 

フロントパネル
Z9 Plusの特徴として、ファンコンが付いています。一番上が電源ボタン。フロントパネルの左上が温度計。その下がファンコンのコントローラー。USB2.0x4。マイクとヘッドフォン端子。HDDランプ、リセットボタンとなっています。この季節、部屋自体が寒いのでファンコンで最小に絞ってあげるととっても静か。快適です。CM690PlusIIのフロントファンが結構うるさいのでファンコンを買おうか迷っていることでした。やっぱりファンコン便利ですね。

 

TOPトレー
天板は8割がメッシュで、トレーみたいなものがついています。ZALMANのロゴ入り。小物が置けます。

 

 サイドパネル
サイドパネルは、メッシュ&クリアパネルになっています。中が見やすくていいですね。LEDファンが3個あるので、全部光ると結構明るいです。寝る部屋と同じ部屋に置く時はちょっと眩しすぎるかも(笑 あと、サイドメッシュは荒いので埃などはマメに掃除しないと大変なことになりそうです。それか、もっと目の細かいフィルターを貼りたいところ。

 

中
最近のトレンドは全て持ってある感じです。CM690PlusIIは5インチベイや3.5インチベイは全てツールレスでいけますが、Z9 Plusは少しだけドライバーが必要。でも、簡単に取付けが可能です。CM690PlusIIでは、3.5インチベイにHDDを刺す場合には、トレイにHDDを組み込んでから入れる形になります。Z9 Plusの場合は、HDDにブッシュをネジで4箇所固定すると、横から挿入可能になります。ちゃんとロックもかかります。なかなか便利。5インチベイに3.5インチHDDを設置するためのマウンタもあります。SSDを設置するためのスペース(マザーを設置する箇所のメッシュになっている箇所)もあります。

 

ZALMAN製
ファンは全てZALMAN製。なかなか静かなファンですね。使っているとすぐに五月蠅くならないか心配ですが、合格点でしょう。ちなみに水冷のラジエターを設置すると上のファンと干渉してしまうので、ファンの位置はずらしました。

 

底
底は電源用の吸気フィンと、ファン用のメッシュ穴が開いています。電源側も同じ構造にしてくれたら良かったのですが・・・。このタイプのメッシュは取り外せますので掃除が簡単でいいですね。

 

裏側
裏配線もバッチリできるスペースが確保されています。右下のメッシュ部分にSSDを取付けることが可能です。

 フロントパネル
フロントパネルです。USB3.0には対応していません。USB2.0が4つ前にあります。4つもUSBを使わないので片方は接続していません。Audio関係も接続していません。HDDアクセスランプは赤色で光ります。

 

フロント部分
フロントの大型ファンには、取り外し可能なフィルターが設置されています(底と同じ)。これいいですよねぇ。掃除しやすい。でも、サイドパネルのメッシュが荒いのでこのフィルターの効果が薄れてしまう気もしないでもないです・・。
なお、5インチベイを使う時はパネルをねじ切って外すタイプです。ねじ切った跡が鋭利になることがあるので注意が必要です。

 

スロット部分
スロットカバーも固定されていて、ネジ切って外すタイプになっています。1回外すと元に戻せません。ちゃんと何処にカードを設置するか検討してから外しましょう。

 

フィルター
フロントパネルにはちゃんとフィルターが貼られています。こういう細かい部分って大事ですよねぇ。ほんと、5000円未満とは思えないくらい徹底してる。

 

 塗装もなかなか
塗装もなかなかいい感じ。若干ザラザラしていますが、艶消しな感じです。爪でガリガリしても大丈夫。

 付属品
電源が底配置になるのでCPU用の補助電源ケーブルが付属しています。もし届かない場合は、4PinからCPU補助電源へ接続というパターン。私はEA-650 Greenを使っていますが、裏配線でギリギリ届きます(CM690IIplusでもギリギリ届きます)。ネジ類は大量に入っていて嬉しい限り。日本語マニュアル付属。

 

移行完了
移行完了後の写真です。サウンドカードの埃が凄いな・・・(汗 水冷用ラジエターもちゃんとおさまってバッチリ冷却されています。CM690PlusIIと比べると、横と縦が短いので、やや狭くなりますがそれでも必要充分なスペースが確保されています。冷却能力も充分です。

 

CM690PlusIIの場合
参考にCM690PlusIIの時の写真も貼っておきます。 スペース的には、やはりCM690PlusIIの方が余裕がありますね。微々たる差ですが・・・。

 

ファンの干渉
天井のファンが干渉するため移動させました。CM690PlusIIは天井のファンがもう少し上に送った位置になるためラジエターをそのまま設置することが出来ました。水冷化する方は要チェックです。組立前に、まずはファンを移動してから作業されることをオススメします。

 

サイドファンも干渉する
サイドパネルに最初からついているファンも電源と干渉します。ギリギリ干渉します。サイドパネルのファンを薄型にすれば問題ないです。冬はサイドファンは切ってしまうので今のところ問題なし。サイドファンの位置も変更可能ですが、サイドファンは外してしまいました。また、来年の夏が来る前頃に必要かどうか判断したいと思います。

 

PC内温度
温度計が付いています。1箇所だけ測定が可能です。CPUもマザーもHDDもVGAも全て温度がソフトウェアで監視できますので、PCケース内の温度計にしました(笑

フロントファンと天井ファンを接続し、両方いっぺんにコントロールするようにしています。 マザーに接続しても今の時期だと最小回転になると思います。なんとなくファンコンを使ってみたかったのでファンコンに接続しました。

 

水槽みたい
ちょっと紫っぽく見えてしまいますが、青く光っています。サイドファンも付けていれば、もっと明るくなったことでしょう(今は外しています)。なんか、ぼんやり青くて水槽を見ているようです。CM690PlusIIもアクリルサイドパネルが4000円くらいでオプションとして存在するのですが、最近ちょっと欲しいかもって思うようになってきました。

PCの中を光らせるのってちょっといいですね。動いてる!! って感じでいいですわ。

 

今回購入したZ9 Plusですが、鉄板が少し薄いだとか、サイドパネルがちょっとはめづらいとか、ベイをツールレスにして欲しいとか、ネジ切り仕様はやめて欲しいとかサイドメッシュにもフィルターを付けて欲しいとかありますが、5000円しないんですよ・・・。驚きのパフォーマンスです。かなりのハイスペックな構成でも充分なスペックだと思います。安かろう悪かろうを地でいくDogRun Gamesですが、Z9 Plusは安いけどとてもいい。ケースにコダワリがないなら、Z9 Plusで問題ない。全く問題ない。

サイドパネルを止めるネジが最初から1個足りなかったとか、そういう細かいことはありましたが、そんなのどうでもいいくらい良いケースでした。今、PCケースを悩んでる方がいましたら、Z9 Plusオススメです。HDDアクセス音は、CM690PlusIIよりZ9 Plusの方が静かです。Z9 Plusを一度体験してしまうと、次はAbeeとか高級アルミケースとかじゃないと満足できなくなるんじゃないかな・・・って思います。

いやいや、なかなかいい買い物でした。

 

次回予告:

Sandy
こんなものも買ったりしましたが、Z9 Plusに旧環境の移行がやっと終ったところです。CM690PlusIIに組み込む予定です。作業未。

 Stora
こんなものとか買ったりしているのですが・・・。

posted by bow (DogRun) at 03:21| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。